朝青龍のガッツポーズ

前にも、同じことを書いたような気がします。

たぶん、日曜日の夕方に何気なくテレビをつけたら、優勝決定戦をやっていて、朝青龍が勝ってガッツポーズをしたときのこと。

今回見たのは、ニュースでした。

よく考えると、ほぼ状況は同じ。本割で、朝青龍が勝てばそのまま優勝、白鵬が勝てば優勝決定戦。本割では白鵬が勝ったのも同じ。優勝決定戦で朝青龍が勝ったのも同じ。

そして、またしてもガッツポーズ。

私は、朝青龍についてはどうでもいいのですが、「朝青龍関よ。少しは学習しなさい!」そういいたくもなります。

私自身は、昨日のガッツポーズは、別に悪くもないかなと思います。素直に感情を表しただけで、それほど見苦しいものでもないように思うからです。それに、細かく覚えてはいませんが、あれはガッツポーズというよりは、万歳という方があっているのじゃないかと思うのです。

ですから、いちいち目くじらを立てるのもどうかと思います。

もっとも、朝青龍は、確かに問題のある横綱なのかもしれません。

しかしながら、朝青龍自身からすれば、別に問題行動を起こしているという意識もないのかもしれません。

問題だ、問題だと騒いでいるのは、横審とか相撲協会です。相撲の世界の常識で見れば、朝青龍は問題のある横綱かもしれませんが、一般の人から見れば、それが問題とは見えない場合もあります。

もちろん、「郷に入っては郷に従え」という言葉もあるとおり、相撲の世界に入ったら、相撲の世界のしきたりに従うことも必要です。

しかしながら、本人に悪気はないのに、いちいち「問題だ、問題だ」と騒ぎ立てれば、簡単に片づく問題も片づかなくなる恐れがあります。

たとえば、土俵上のガッツポーズもその一つです。

他のスポーツでは、勝ったとき、得点を入れたとき、技が決まったとき、ファインプレーをしたとき、、、そういうときに、自然とガッツポーズをしたりしています。相撲の世界とは比べものにならないような、派手なパフォーマンスが繰り広げられます。

相撲には相撲の様式美があって、それは受け入れられないのも、私には分かります。

でも、外国人である朝青龍が、すんなりとそれを理解できるのかどうか。。。

別に、朝青龍をバカにしているわけではありません。きちんと話をしていれば、理解できると思います。でも、何かというと問題にされ、品格がないとか、何とかいわれ続けていたら、理解しようという気もなくなります。

「どうせ、俺は問題のある横綱だよ」と開き直る恐れもあります。

新聞によれば、朝青龍は「思わずやってしまってすみません」というようなコメントをしたようです。でも、それが本当に本心からなのかどうか。

ひょっとすると、KYにならないよう、表面を取り繕っただけかもしれません。

それでは、本当の問題解決にはならないのです。

まあ、朝青龍の問題は、別にどうでもいいのですが。。。

長々と書いたのは、一般の組織でも同じようなことが起こるからです。

「あいつは、○○だから」

そんなレッテルを貼ってしまうと、どうしても人はそういう目で見がちになります。そして、本人もそれにふさわしい行動をとるようになります。

いいレッテルだったらいいんです。

たとえば、数日前に鳩山首相の顔の話を書きましたが、「あの人は首相だ」ということで、周りもそういう目で見、本人も自覚をする。そして、だんだんそれらしくなっていく。

それはそれで、いいことです。

でも、悪いレッテルを貼ってはいけません。

本当はそんなに大したことないのに、レッテルを貼ったがために、本当に悪いことになってしまうかもしれないからです。

私は思います。

「朝青龍関は、強くて、品格もある立派な横綱ですね」

みんながそういったら、本当にそうなりますよ。

社員も同じ。

もっとも、あんまり見え透いたお世辞は、見透かされますけどね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)