毎年のことながら、、、成人式

ひょっとすると、去年の今頃とまったく同じことを書くかも知れません。。。

まず、今日は、1月11日ですが成人式。

私の中では、成人式は、1月15日。

未だになじめません。時代に取り残されているということでしょうか。たぶん、何度も同じようなことを書いているので、これ以上書きませんが。。。

次は、またもやニュースで、新成人の暴れん坊ぶりが報道されていますね。

まあ、20歳なんていうのは、10歳、15歳に比べれば大人ですが、まだまだ子供。ようやく大人の入口に立ったというところですから、そんなものだといえばそんなものです。

自分だって、20歳のとき、それほど立派なものではなかったと思います。今でもそれほど立派ではないので、人のことはいえないのですが。。。といいつつ、いうのですが。。。

成人式の日というのは、成人する人が自分のことを祝う日ではないという気がしています。

「これからは大人なんだから、気を引き締めていけ!」というような、入学式、入社式的な意味合いがあると思います。

入学式、入社式なら、お祝い的な要素もありますが、それは周りがお祝いしてくださるのであって、本人は新しい世界に足を踏み入れるに当たって、謙虚に、真摯に、今一度身を引き締めなければいけないと思います。

また、大人の仲間入りをするということは、子供を卒業するということで、育ててくれた親や先生、先輩へ感謝するべきときでもあります。

つまり、周りからすれば「成人おめでとう!」ということですが、本人にとってはこれからがスタートであり、一つの節目でもあり、浮かれていてはいけないということです。

この当たり前のことが分かっていれば、報道されるようなことになるはずがない!!

もっとも、20歳の時に、それが分かるかというと、分からないでしょうね。。。きっと。。。

こういうことをいうようになるのは、成人してからかなり月日の過ぎてからですからね。

私自身もそうですが。。。

それはそうと、今年の新成人は、全員平成生まれだそうで。

そりゃそうですね。今年は、平成22年。

そんなに経つんですねぇ。

自分の中では、昭和が根付いているというか、平成よりも昭和という気持ちが強いのですが、生きている長さを考えると平成の方が長い?!

本当に月日の経つのは早いもの。

でも、その割には意識が変わるのは遅いもの。

時代に取り残されないよう頑張らなきゃ!!

ブログランキング ビジネス

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)