インチキ手品師

私は、時々、「○○っぽいよね」というようなことをいわれます。

そのうちの一つが、ホテルマン。

時々、ホテルなどで会合があるとき、黙って立っていると、

「あ、ホテルの人かと思った!」

と、知り合いからからかわれます。

何人もの人からいわれているので、たぶん、それっぽく見えるのでしょう。

そういえば、正確にはホテルではありませんが、それに近い会場で研修をやっていたときのこと。

そのときは、研修講師ではなく、裏方のスタッフでした。受付に用事があって歩いていたら、お客さんから聞かれました。

「すみません。○○ってどこですか?」

おそらく、そこの係の人と間違われたのだと思います。

もっとも、私もそこの会場は熟知していたので、

「ああ、それなら、その先を左に曲がって、突き当たりを。。。」

と、しっかりとそこの人になり代わって答えてあげました。

まあ、ホテルマンなら、それっぽいといわれてもいいんです。別に、そんなに悪い気はしませんから。

でも、どうして???というのが、「手品師」

しかも、私の場合は、「手品師」の前に、「インチキ」がくっつくのです。

最初にいわれたのは、大学生の時。

就職活動でスーツを着たまま学校に行ったら、後輩たちにいわれました。

「小野瀬さん、、、なんだか手品師みたいですね」
「本当、本当!」
「でも、手品師ってより、インチキ手品師ですね!!」
「そう、そう!!」

・・・

何という後輩でしょう。

まあ、それはそれとして、それから10年以上過ぎたある日。

会社の先輩に、ニヤニヤしながらいわれました。

「あのさぁ、小野瀬さんってさぁ、ポケットから鳩とか出しそうだよね」

え?!

それって、手品師ってこと?!

その先輩に、大学の時のエピソードを話したら、大受け!

「な!そうだろ!!これから、マジシャンって呼ぶよ」

いやだってば。。。

でも、今度いわれたら、本当に鳩でも出してやろうかと計画中です。

まあ、鳩は無理だけど、ウサギを出すとか。。。

それも無理か。

もう少し手頃なやつで、何かびっくりさせられそうなもの。。。

う~ん。。。

少し考えてみたいと思います[E:smile]

ブログランキング ビジネス

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)