初心忘るべからず

昨日は、研修会のあと、参加者との懇親会があり、そのあとは運営側の経営者たちといつもの店へ。その後、軽くそばを食べにもう一軒。

そこで、日本酒を飲んだのがまずかった。。。

しかも、たぶん、3杯も。。。[E:bottle][E:bottle][E:bottle]

すっかり、酔っぱらいました[E:coldsweats01]

記憶をなくしてはいませんが、かなり、あやふやな感じ。。。

でも、一つはっきりと覚えていることがあります。

それは、このブログについての、ある方の言葉。

「このブログを読んで、心が折れそうになった」

よく考えれば、偉そうにいろいろ書いてますからね。

経営者はこうするべきだとか、リーダーはこうあるべきだとか。社員教育はどうだこうだとか。

別に、その方のことをイメージしながら、ダメだしをしているわけではありません。でも、結果としては、そうなっていることもあるのかもしれません。

いいわけがましいですが、どんなに素晴らしい経営者も完全ではないと思っているので、さらに良くなるためには、経営者にとって耳の痛いことも書いていくべきだと思っています。

経営者にとっては、あまり気持ちが良くないと思いますが、でも、冷静に受け止めていただいて、改善すべきことは改善していただければ、よりよい会社になるだろうと思っているわけです。

しかし。

「心が折れそうになった」としたら、どうなのか。。。

昨日のブログでは、私はパワーを与えたいから褒めるんだというようなことを書きました。

これは、対社員だけではなく、対経営者も同じです。

私がやりたいと思っているのは、誰かを指導することではなく、より素晴らしい会社を作るために応援することです。

相手を傷つけるのではなく、励まして、勇気づけて、前向きに進む一助となることです。

パワーを与えると書くとおこがましいですが、要するに、力になりたいんです。

考えてることと、やってることが違うじゃん。。。。。俺。。。[E:shock]

念のためにいえば、その方がそんな意味でいったのではないことは分かっています。

ただ、私としては、反省しなければならないとも思います。

ひょっとすると、少し思い上がっているのかもしれません。

これまで自分なりに学んできて、ある程度分かってきた(つもり)なので、ちょっといい気になっていたのかもしれません。

いけません、いけません[E:coldsweats02]

人を見ていると分かりますが、凄いなと思える人は、みんな謙虚です。

だからこそ、成長していくのだと思います。

初心忘るべからず[E:think]

しっかりと噛みしめておきたいと思います。

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)