バズ

ちまたでは、ツイッター、ツイッターとあちこちでつぶやかれておりますが、私には、いったいそれが何者なのかよく分かりません[E:sad]

本当に、それがビジネスのツールとして使えるのか。

使えるとして、どのように使うのか。

そもそも、その「つぶやく」ということが私には意味不明[E:wobbly]

見たことがないので、何ともいえませんが、つぶやくというと、これは独り言ですよね。他の人が聞いていたとしても、それって、「だから、何?」といいたくなりそうな気が。。。[E:bearing]

でも、これだけ注目されてるんだから、一応は知っておかなきゃいけないなと思っている今日この頃。

そんなところへ、googleからバズなるものが登場!

私は、去年の暮れ頃から、知人に勧められてGmailを使い始めました。確かに便利[E:happy01]

それまでは、会社のデスクトップとモバイル用のPCの間で、どのようにメールのデータを同期させるかが面倒くさかったのですが、そんなこと気にする必要もなくなりました。

あのメールどこ行ったっけ、というのも簡単に探せるようになりました。

googleさん、ありがとう![E:happy02]

そのGmailのフォルダ(でいいんしょうかね)に、突然、颯爽と現れたのがバズ!

どうやら、ツイッターぽいもののようなのですが、何に使えばいいのか分かりません。

関連する記事を検索してみると、

「テキストだけではなく、写真や画像、動画をその場で見ることができる」そうな。。。

また、

「Gmail利用者には設定が不要という簡便さが売り」なんだそうな。。。

何だか、いろいろできそうなんだけど、じゃあ、何に使うの???

よく分かりません。。。[E:despair]

頭が固いといわれそうですが、こういうものが発達すればするほど、人と人が、実際に顔を合わせてコミュニケーションすることが大切な気がしています。

メール、ブログ、ツイッター、SNS。。。

便利だし、それなりの用途もあるし、使えると思いますが、結局は、フェイス・トゥ・フェイスだと思うのです。

フェイス・トゥ・フェイスを補完するツールとしてはいいと思いますが、そちらが主役になっていくのは本末転倒という気がします。

その世界がよく分かっていないから、こんなことをいうのかもしれませんが。。。[E:think]

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)