バカとハサミは使いよう

先日、ハサミで人を刺したというニュースがありました。

とんでもない話です。

でも、じゃあ、ハサミはとんでもない道具かというとそんなことはない。使い方次第で立派な道具になります。役に立つ道具です。

所詮、道具は道具。

かつて、電話が発明され、普及し始めた頃。

人と人のコミュニケーションは、フェイス・トゥ・フェイスが基本で、電話はコミュニケーションを阻害する道具だといわれたそうです。

でも、今じゃ、電話は誰もが当たり前のように使う道具です。

その後、ポケベル、携帯電話、電子メール、携帯メールなど、様々なコミュニケーション・ツールが発明され、普及してきました。そして、そのたびに、これじゃダメだといわれていたような気がします。

たとえば、部下が上司へ報告するとき。目の前に座っているのにメールで連絡。どうして、直接いわないんだと。

その反対も聞いたことがあります。上司から部下へメールで説教。直接いってくれた方がすっきりするのに。。。

そんなに携帯メールでやりとりするなら、直接話せばいいじゃんということもあります。

確かに、様々なツールが発展したきたことで、本来なら使うべきではない使い方もされてきているようです。そのあたりの常識は、世代によっても違うでしょうからね。

でも、悪いのはツールではない。

ツールを使う人間が悪い。使い方が悪い。

それだけ。

それぞれのツールには向き、不向きがあるので、それに合わせてうまく使いこなせばいい。

逆に、道具に振り回されるのもおかしいし、「これを使えば、すべてが解決!!」

なんてこともない。

でも、便利な道具は便利な道具で、使えるようにしてみるのも悪くはないのかなと思います。

未だに、携帯でメールを打つのは嫌いですけど。。。[E:coldsweats01]

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)