考えすぎるのが、私の悪い癖

仕事がら、あれこれ考えを巡らすというのもありますが、これはたぶん、持って生まれた性格でしょう。[E:coldsweats01]

コンサルティングを始める前から、いろいろとああでもない、こうでもないと考えていましたから。

かつては、それが、考えすぎで、結局優柔不断、行動力不足というように、どちらかといえば欠点だと思っていました。でも、今となっては、そうやって考えることが長所といえるようにも思います。

また、不思議なのは、自分では考えてばかりで行動力がないと思っているのに、人にいわせると、「そんなことはない。すごい行動的だよ」ということになることです。[E:confident]

どうやら、他人からは、私があれこれ考えていることは見えず、行動しているところだけが見えるので、行動的に見えるようです。面白いものです。

そして、また最近あれこれ考えているのが、自分の仕事の存在意義です。

本当に、これでいいのだろうか?
本当に、価値があることなのだろうか?
本当に、必要とされていることなのだろうか?

そんな疑問が浮かんで、消し去ることができません。[E:think]

こんなことを書くと心配されるかもしれないので、あえて書いておきますが、

「自分は必要とされている」
「価値のあることをやっている」

そういう自負がないわけではありません。

でも、本当は、もっと違う形で貢献する方がいいのではないか。

そんな気もしています。

ひょっとすると、自分はこだわりすぎているんじゃないか。

そんな気もしています。

信念を持つことは大切ですが、何かにこだわりすぎるのはよくないとも思います。

本質的な部分を外さないのであれば、細部にこだわりすぎる必要はありません。

元来、頑固で、こだわりが強い方(そう見えないかもしれませんが)なので、その悪い面が出ているのかなという気もします。

こんなことを書くと、そのうち、突然、突拍子もないことを言い出しそうですが、そういうことはありませんので、ご安心を。(な~んだとか、いわないように)

コンサルティングという大枠を、外すことはありません。

「いい会社を作るお手伝いをしたい」とか、「働く人が幸せになれるお手伝いをしたい」とか、そういうことに変わりはありません。

言い換えれば、理念的なことは、今まで通りで、変わりません。ただ、戦略や方針レベルでは変わるかもしれないということです。

すみません、何だかよく分からない話で…[E:coldsweats01]

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)