基本が大切

最近のマイブームは、ドラムを叩くことです。

どこかに習いに行く時間はないので、見よう見まねで、曲に合わせて叩いています。

見る人が見れば、いろいろ問題もあるのでしょうが、プロになるわけでもないし、楽しければそれでいいので、自己流で勝手にやっています。

で、先日、村上ポンタ秀一さんがやっている講座のビデオを見たのです。スティックはこうやって持って、こうやって振るという本当に基本的なことから、ドラマーとしての心得など、大変興味深い内容でした。

そこから学んだことは、

1.スティックの振り方
2.椅子の高さ
3.ドラマーもうたうこと

その3つです。

他にもいろいろあったと思うのですが、私が覚えているのは、その3つだけです。でも、このたった3つのことだけでもプロの言葉を聞いて、すごく叩きやすく、演奏がより楽しくなりました。

なぜ、楽しくなるかというと、スムーズに叩けて、少しうまくなったような気がするからです。

やっぱり、自己流はダメだなと感じた瞬間でした。

特に、本当の基本的なことは、きちんと教えてもらうべきだということです。

そういえば、ゴルフでも、フォームを見てもらって、ちょっとしたアドバイスをもらっただけで、飛距離も伸びたし、思った方向に飛ぶようになりました。

水泳のバタフライも、自己流でやってたときは、もう少しでおぼれるんじゃないかという感じだったのに、教えてもらったら、きれいなフォームに早変わり!ということもありました。

ピアノも、力の抜き方、打鍵するときの力の入れ方(うまく説明できませんが)を教えてもらって、ピアノらしく演奏できるようになったことを思い出します。

ビジネスにも基本というものがありますよね。

うまくいっていないときは、基本からずれていないかどうか要チェックですね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)