小野瀬さんってSですよね!

昨日も書きましたが、中小企業家同友会の幹部社員研修会がありました。

全体の進行は私がやったのですが、それを見ていた、事務局員が一言。

「小野瀬さんって、ホント、Sですよね!」

え?!

・・・

そうかな・・・[E:coldsweats01]

まあ、よく考えてみると、意地悪な質問をしたり、顔は笑いながらも、ちょっと問いつめてみたり、受講生を追い込むことはよくあります。[E:coldsweats01]

どうしてそういうことをするかというと、、、

それが快感なんです![E:happy02]

じゃなくて、そうすることで、相手の本音を引き出そうという狙いです。もっといえば、本性をむき出しにしようということです。

今はどうなのか分かりませんが、就職試験の面接官が、わざと意地悪な質問をするということがありました。そういう質問をされたときの対応を見るためです。それと同じような感じです。

あとは、そのことを本当に理解しているかどうか確認したり、思考を深堀するために質問しています。

最初は、みんなもびっくりするというか、対応にドギマギしていますが、それを繰り返しているうちに、自然に対応ができるようになってきます。適当に回答するとつっこまれるということが分かると、より真剣に考えるようになります。

ですから、最初のうちは突っ込みどころ満載なんですが、次第に突っ込むところがなくなってきます。

突っ込むところがなくなると、面白くないんですよね。[E:despair]

密かな楽しみの場がなくなってしまうんです。。。[E:sad]

ですから、何とかどこか探して、突っ込みを入れてやります。[E:bleah]

それが快感![E:happy02]

これって、やっぱり“S”???[E:coldsweats01]

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)