夏の甲子園、神奈川代表は東海大相模。え?!33年ぶりなの?!

私の高校野球[E:baseball]といえば、何を隠そう東海大相模が一番!

母校でもないし、近所でもないし、神奈川県というところだけが共通ですが、小さいときのあこがれだったのです。

そのきっかけは、いつのことかはっきりとは覚えていませんが、とても印象的な試合を見たことです。

確か、9回裏まで1点差で負けていたのですが、土壇場で追いつきます。延長に入ってからも1点とられては取り返し、またとられては取り返し、まさに手に汗握りながらテレビを見ていました。結局、最後は負けてしまったんですが、ものすごい熱戦[E:sweat01]だったという記憶があります。

そのときの相手は鹿児島実業で、ピッチャーが後に巨人軍に入団する定岡正二だったとか(あとで知りました)。

当時は、現巨人軍監督の原辰徳さんが在籍していました。ピッチャーは村中、左バッターの強打者で津末という選手がいたと記憶しています。

恐らく、私の人生の中で一番高校野球に夢中になっていたとき、、、たぶん小学生だったと思いますが、そのとき甲子園に出ていたのが、この東海大相模なのです。

ですから、自分の中では、東海大相模が夏の甲子園に出場するのが33年ぶりだなんて信じられません。

あら、びっくり!

まあ、神奈川県は激戦区ですから、そう簡単には代表になれませんからね。

全国に名の知れた強豪校もたくさんありますし。

最近は、あまり高校野球も見ていませんが、熱い戦いを繰り広げて欲しいなと思います。[E:shine]

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)