電車の中を転がる空き缶

先日、もうそろそろ終電という電車で帰宅しました。その線は上りなので、終電間際でも余裕で座れます。というか、ガラガラです。

私はいつものように本を読んでいましたが、しばらくするといやぁな音が聞こえてきました。

カラカラカラ・・・・トン・・・カラカラ・・・・・・トントン・・・カラカラ・・・

うまく表現できませんが、車内を転がる空き缶の音です。

車内の何人かが、その空き缶を目で追っています。こっちに来るなよって感じ。。。

ある人は、自分のところに転がってきたら、足をサッとどけて鮮やかによけていました。

しばらくすると、その缶は私のところへやって来ました。

いつまでもうるさいので、とりあえず転がっているのを止めて、立てておきます。また、何かの拍子で倒れて転がるかもしれませんが、とりあえずの処置です。

そして下車駅。

これまた仕方がないので、その缶を持って降りました。

「なんか納得できないけど、そのまま転がっているのを見過ごすよりはいい」

そう思って、見知らぬ誰かが置いていった空き缶を持って降りたのです。

まあ、降りたらすぐに捨てられるだろうと思って。。。

ところが!

まず、駅のホームを見渡したところ、ゴミ箱、空き缶入れはありません。駅の構内にもありません。

まあ、そのうちあるだろうと家の方へ向かいましたが、まだありません。おいおい、どこまで持っていけばいいんだ~と思ったその瞬間!コインパーキングの自動販売機の横に空き缶入れがあり、そこに無事捨てることができました。

思えば、いつの頃からか駅のホームからゴミ箱が消えました。復活した路線もあるようですが、私がいつも使っている線では復活していません。

最近では、コンビニでもゴミ箱を置いていない店が増えてきました。

いろいろな事情があるのは分かります。でも、ゴミ箱を置いておいてくれれば、片づけようと思う人もいるのではないか。そんな気もしたりします。

もちろん、最初に捨てる人間が一番悪いんですが!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)