残念!東海大相模!

先日、私の高校野球は、東海大相模だと書きました。

今日は、沖縄代表の興南高校との決勝戦。

実は、身近なところに東海大相模の出身者がいて、その彼は、今日甲子園に応援に行くといっていました。入場券があるわけでもなく、「最悪、球場の外でラジオを聞くことになるかもしれない」といいながらも、母校の応援に向かうということです。

生で観戦するのは暑くて大変でしょうが、臨場感はすごいでしょうね。

母校が甲子園に出場する!!

そんなことになったら、応援に駆けつけたいと思いますが、無理だろうなぁ。。。

神奈川県は強豪校が多いですし、私の母校は、普通の県立高校ですので、強くなる可能性は。。。

そんな私には、母校が甲子園に出場し、しかも決勝までいって、それを応援できる彼が少しうらやましいです。

さて、結果はといえば、興南高校の勝利。春夏連覇とは、大したものです。

東海大相模は残念でしたが、ここまでの戦いぶりは立派だったと思います。

エースの一二三投手もよく投げました。連日、150球以上投球していたわけですからね。相当疲れていたでしょうが、よく投げたと思います。

よかったのは、記念撮影での笑顔。

当然、悔しいでしょうが、やりきったあとのすがすがしさが伝わってきます。悔いのない戦いというのは、こういうことをいうのかもしれません。

やりきる!

いうだけならいくらでもいえますが、本当に「やりきる」のは、大変なことです。でも、それだけの大変なことをやらないと、結局、悔いが残ることになるのかもしれません。

私も、高校球児を見習わなきゃいけないですね。

悔いのない毎日にするために!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)