カンニング

京大などの入試問題がヤフー知恵袋に投稿されていた件。

どうやら、関与したと見られる学生が特定されたようです。ネット上では、たとえ匿名の投稿であっても、見る人が見れば簡単に特定できてしまう。まあ、当たり前だけど、ちょっと怖い世界でもあります。

さて、私が学校でテストを受けていた頃。

もう、相当昔のこと。当時は、携帯電話なんて持っていないし、カンニングをするとしたら、カンペンケース(懐かしい!)の中に書いておくとかぐらいしか方法を思いつきません。

ちなみに、私はやったことがありません。正直に言えば、隣の人とか前の人の解答が見えないかなと思ったことはあります。でも、何かを用意してまで、カンニングしようとは考えもしませんでした。

間違ったことをしてはいけないとか、そういう理由からではありません。単に、面倒なことだと思ったからです。

だって、ばれないように小細工して、一生懸命カンニングペーパーをつくったとしても、それが出題されるとは限らないし、大体、出題されるところがはっきり分かるんだったら、そこを覚えるように努力した方が早いと思うし・・・

カンペをつくっていい点を取ろうとするのは、努力の割には報われないような気が直感的にしていたのです。

さて、今話題の件ですが、たいていの人は、肯定的には見ていないと思います。ところが、一部には、「こういう人間こそ問題解決能力のある人間だから、是非とも入学させるべきだ」などという意見の方もいるようです。

確かに、社会に出れば、膨大な知識を暗記する力よりも、何が何処にあるかが探し出す力の方がより必要になるかもしれません。また、自分でできないことを、誰かに協力してもらって実現するという力も必要でしょう。

しかしながら!

だからといって、何でもかんでも人を頼ればいいというものでもないでしょう。

それに、社会にはルールというものがあって、その世界で生きていく上では、そのルールを守るのが当然のことです。ルールは、時代によって変わっていくこともありますが、だからといって、守らなくていいというものでもありません。

今回の件は、そんなに大それたことだとは思っていなかったとか、ちょっとした若気の至りみたいなものかもしれません。

もし、特定されたという若者がやったのだとしたら、少なくとも社会的制裁を受けることになるでしょう。

未来ある若者なので、大目に見てやりたい気もしますが、姑息な手段を選択したということについては、大いに反省して欲しいと思うし、他の若者たちも、そういう選択はしないで欲しいと思います。

結局、自分のためにはならないのですから。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)