亀といえば、亀まんじゅう!

そうかぁ?!

異論反論ばかりになりそうですが、私にとっては、「亀」といって一番思い出深いのは「亀まんじゅう」なんです。

それは静岡の方に出張に行ったときのこと。

おみやげを買おうと、土産物屋さんを見ていたんです。その頃はサラリーマンでしたので、職場のメンバーに配れるようなものを探していたんです。

しかしですね。。。

私、ありきたりのものを買うのはあまり好きじゃないんです。[E:bleah]

もっとも、結果的には、面白くも何ともない、○○まんじゅうとかになってしまうことが多いんですが、できることなら、そこで一発笑いをとりたいというか、みんなをあっといわせたいというか、ちょっと面白いものを買って帰りたいんです。

そんなとき見つけたのが、亀まんじゅう。[E:sign03]

何だ、ただのまんじゅうじゃないか。

そう思われるかもしれませんが、このまんじゅう、実は、タテが25センチ、ヨコが15センチぐらいの結構立派な大きさ(正確ではありませんが、かなり大きいことは間違いなし)で、かなりリアルに亀のかたちをしているんです。

ちなみに、私が買ったのがこれかどうかは分かりませんが、こんな感じのモノです。

Kame2kophoto

この写真は、元祖亀まんじゅうの有限会社かめや本店さんから拝借させていただきました。

「これを見せたら、みんなびっくりするぞ。。。」[E:happy02]

一人にんまりとしながら(怪しい親父状態ですね)、買って帰ったんです。

そしたらですね。

その反響ったら!![E:punch]

思っていた以上の反響で、みんながそのリアルさに気持ち悪がるんです![E:coldsweats02]

そして、「これをどうやって食べるんだ」とか(まあ、確かにうまく割って食べるしかないんですが)、「こんな気持ち悪いもの食べられない」とか(まあ、確かにリアルにできているんですけど)、さんざんないわれようでした。[E:shock]

挙げ句の果てには、こんなものを買ってきた罰だと、一人でその亀まんじゅうをもって記念写真を撮られて、壁に張り出されてしまいました。。。[E:weep]

せっかく買ってきたのに。。。[E:sad]

でも、さんざん文句いっていたくせに、「食べたら美味しい!」とみんな笑顔。

「何だよ。文句いうなら食べるなよ」といいたいところですが、大人の私は、そんなことはいいません。えへん。

って、何でこんな話を書こうと思ったのかといえば(前置きが長!)、今日こんなものを見かけたからです。

Img_0186

親子でしょうか。先日通りかかったときには、大きい方だけいたんですが、今日は、仲良くひなたぼっこでしょうか。

ちょっと見ていたら、泳いでいる別の亀も発見。

Img_0187

さあ、どこにいるでしょうか?

当てた方には、亀まんじゅうをプレゼント!!

うそです。。。

気になる方は、こちらの写真をどうぞ。

Img_0187_r1_c1

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)