ヒット曲はどうつくられたのか?

以前所属していた会社で、とてもお世話になったお姉さまから、セミナーに誘われました。
私が退職してから、数回お会いしたきりで、もう6,7年ぶりでしょうか。そして、ちょうどその頃、私も独立して事業を始めたので、なかなか時間が取れず、すっかりご無沙汰しておりました。
時間なんて、つくろうと思えば、いくらでもつくれるのに。。。
ところが、先月でしょうか、突然、セミナーのお誘いの声がかかりました。実は内容はよく分からなかったのですが、ものすごくお世話になった★さんからのお誘いだったので、ちょうどスケジュールも空いておりましたし、参加すると即答。
それが、これ。
Img_0201


ここ数年、仕事がらみのセミナーはたくさん見たり、やったりしてきましたが、この手のテーマのセミナーは、本当に久しぶり!
というか、初めてかも。
普通の人には、あまり面白くないかもしれませんが、かつてレコードプロデューサーになりたかった私としては、とても面白い話が満載でした!
ところが、まあ、もうこうなると職業病としかいえないんですが、聞きながら「これは、こういうとき使える」とか「こっちは、これで使える」とか、研修などのネタに使おうという考えが、自然に浮かんできてしまいます。
たとえば、「人と人がぶつかり合うことで、いいものができる」とか。
「3人寄れば文殊の知恵」的なことでもありますが、自分にはない発想をぶつけ合うことで、一人では生み出せない、素晴らしいものがつくられる、と。
音楽ももちろんそうですが、ビジネスのアイデアもそう。自分一人で考えて、それが本当に素晴らしいものになるとしたら、それはその人が天才か、たまたまそうなったか。ちょっと言い過ぎかもしれませんけど。
でも、たいていの場合は、大勢で意見を出し合った方がいいものができる。
といいつつも、なかなか意見が出てこなかったり、一人の意見がごり押しされてしまうのも世の常なので、環境作りが難しいし、そういうことが自然にできる文化をつくることも難しいのは事実。
でも、いいものを、コンスタントに作り続けられるようにするためには、異質な才能を持った人たちが集まって、フラットな関係の中で、ある意味遠慮なく意見を言い合えるようにすることが大切なことは間違いありません。
そういうことが、このセミナーでも出てきてしまうんですねぇ
あとは、「山口百恵の物まねをする人が少ない」という話。
そういわれてみると、そうでしょうかねぇ。。。
で、それはなぜか?
説明が難しいんですが、、、逆に、物まねしやすい人というのは、歌い方に特徴があるとか、声質に特徴があるとか、表情に特徴があるとか、アクションに特徴があるとか、どこかの部分に特徴があるというのです。
ところが、百恵さんは、どこかの部分に特徴があるというよりも、全体として「山口百恵」だというのです。そういわれてみると、歌い方もそんなにすごい個性的ではないし、声も別に特別な声でもないし、まあ、子どもの頃のことなのではっきりとは覚えてはいませんが、確かに、山口百恵の特徴はこれ!みたいなものはないように思います。
じゃあ、個性がないのかといえば、そんなことはない。存在感はあるし、歌も改めて聴いてみると、確かに何かのパワーがある。
結局、どこに個性があるのかといえば、全体的に見て「山口百恵」という個性がある、というのです。
確かにそうかもしれません。
で、これは企業(ブランドでもいいですが)のアイデンティティや強みなどを考えるときに、結構重要じゃないかと思うのです。
何かの技術、何かの商品、そういう分かりやすい部分に特徴があると、それがいくら優れていても真似されて、追随されて、資本力があるところが勝つのです。
ところが、「商品もそこそこいいし、社員の対応もいいし、アフターフォローもいいし、あそこの会社は○○!!」みたいに、「どこがいいのか、はっきりいえないけど、総合的に見て何となくいい!!」というような会社というのは、なかなか真似できないし、資本力の勝負にはならないのです。
会社全体で、「○○会社!」という個性を持って、会社全体が一つのブランドになるってことですね。
たぶん、中小企業が勝ち残るために、強く意識していくべきところだと思うのです。ここは。
他にも、K-POPとジャニーズの話とか、ヒット商品をつくる秘訣とか、音楽業界だけの話ではなく、ビジネス全般に置き換えられる話がたくさんありました。
でも、もう読むのも疲れるでしょうし(もう読んでないか。。。)、書くのも疲れたので、この辺でおしまいにします。
セミナーのあとの飲み会もまた格別でした。懐かしいひとときですね。フラッシュバックしたような感じでした。
こういうご縁を大切にしていきたいなぁと、しみじみ思います。
ありがとうございました!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)