世界は感情で動く

マッテオ・モッテルリーニという論理学や経済学などを研究している方の本です。

副題が、「行動経済学からみる脳のトラップ」

ベストセラー『経済は感情で動く』の第2弾という本です。

第1弾は読んでいませんが、行動経済学に興味があったので読んでみました。

内容はといえば、人が判断するときに陥りがちな39のトラップについて書かれたもので、確かに自分にも当てはまるなぁというものがたくさんあります。

最初に登場するのは、「予言の自己成就」

一人ひとりが、自分の予測にあわせた行動をとることによって、社会的にそれが実現するというもの。。。

ってなんだか分からないかもしれませんが、、、

たとえば、「○○株式会社の株が上がる」という噂があって、それを信じた人が大勢いる。その大勢の人が○○株式会社の株を買う。当然、本当に○○株式会社の株が上がる。

そんなことをいっています。

これが正しければ、「みんながこれから景気が良くなる」と安心して、貯蓄を消費に回せば、本当に景気が良くなるわけです。

一応、理論的には。。。

もっとも、今の状況ではなかなか楽観的に見ることもできず、そのようなマインドは形成されないようですが。

こんなときこそ、強いリーダーシップが求められるんですけどね。

まあ。。。その件については、今日はおいておきますが。

本の内容は、経済学というよりは、心理学の色の方が濃いような気がします。

個人的には、

・他人は辛く、自分には甘い
・みんながやっているから、というような群れ思考
・高いワインの方がうまいわけ~ハロー効果

など、組織の中で、人が惑わされるトラップについて、改めて気をつけようと思いました。

357ページあるので、一気に読むのは辛い気がします。

39のテーマに分かれているので、気が向いたときに一つずつ読むのが良いのではないかと思います。

もし、ご興味がある方は、こちらからどうぞ。

ブログランキング ビジネス

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)