『夢を形にする発想術』

ディズニーリゾートのアトラクションを作り出している「ウォルト・ディズニー・イマジニアリング社」のスタッフたちが書いた本です。

キャッチコピーは、「ディズニーランドの創造者集団が書いた“アイデアの作り方”」

斬新なアイデアを生み出すためにはどうしたらいいか。
創造性を豊にするためにはどうしたらいいか。

そんなことを考えて購入した本です。

様々なスタッフが、それぞれの思いを書き、それを並べた本なので、全体として強いメッセージがあるわけではありません。

でも、全部読んでみると、一つのメッセージが見えてきます。言葉こそ違えど、トーンが同じというか、結局いいたいことは同じというか。

社風、企業文化ができているんだと思います。

たとえば、

創造するということは、既成概念にとらわれず、自由に取り組むことが大事
創造するためには、楽しむことが大事
創造するためには、言葉にしたり、絵に描いたり、とにかくやってみることが大事

などなど。

これを読むと、きっと、こんなことを言う人が出てくるでしょう。

「だって、ディズニーランドだからね」

あるいは、

「うちは、業種が違うから」

でも、私は思います。夢のある、斬新なアトラクションをつくることだけが創造性ではないと。

日常品を扱う仕事であっても、コツコツ地道に取り組むことが重要な仕事であっても、どんな仕事であっても、創造性は重要だと。

ただ、この本を読んでも、創造的にはなれないかもしれません。

ヒントは満載されています。

でも、できるようになるかというと、それは難しいかなと思います。

それこそ、頭で理解するよりも、実践して体得していくしかないものだからです。

「そんなこと。。。」といわず、とりあえず、思い切ってやってしまうような人なら、うまく生かすことができると思います。

自分を変えようと思うのなら、私が知っている限りでは、ジュリア・キャメロンの『ずっとやりたかったことをやりなさい』の方がいいと思います。

こちらには、具体的な演習プログラムがありますので。

もっとも、これもプログラムを実際にやってみないとダメですけどね。

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)