ポーターといえば、、、『競争の戦略』

どうやら、世の中では、ポーターといえば、吉田カバンのブランドが一般的なようですね。

グーグルで検索してみたところ、トップページは、ほぼその関連でした。

でも、私にとってポーターといえば、マイケル・E・ポーター。ちなみに、このポーターは、ハーバードの教授で、競争戦略で有名な人です。

私が初めてポーターを知ったのは、中小企業診断士の勉強をしていたときでしょうか。ポーターという名前と、3つの基本戦略(コストリーダーシップ、差別化、集中)と、5つの競争要因(新規参入の脅威とか・・・)を覚えさせられました。

でも、試験勉強の悪いところで、人の名前と、戦略の種類と、名称は覚えましたが、それをどうやって使いこなすのかは分かっていませんでした。それを考えるようになったのは、コンサルとして仕事を始めてからでしょうか。。。

で、その後、診断士の受験講座の講師として講義をしたりして、当たり前に知っているものになったんです。

ところが!!!

分かった気になっていても、まだまだ分かっていませんでしたねぇ。。。

先日、『競争の戦略』を見直してみて、改めて気付かされました。

どうして改めて見直してみようかと思ったのかといえば、ワタミの渡邊会長が、経営の教科書として徹底的に読み、活用されていると聞いたからです。ワタミでは、経営幹部の必読書で、研修などでも使われているそうです。

そこで、私ももう一度、読み直そうと思ったわけです。

ところがこの『競争の戦略』なんですが、、、500ページぐらいあるんです。しかも、読みにくい。翻訳本にありがちな訳の悪さなのか(失礼!)、元々が分かりにくいのか、とにかく読みにくいんです。

渡邊会長もいっていましたが、一読しただけでは何だか理解できないんですね。しかも、それが500ページも続く。。。普通の人は、たぶん読まないでしょう。。。

でも、今読み直しています。

改めて読んでみると、いろいろと気付くことがあります。ただ読むだけじゃなく、具体的な事例を思い出したり、考えたりしながら読むといい勉強になりますね。

でも、時間がかかる。。。

今となっては新しい本でもありませんし(1980年発売ですから)、批判的な人もいるようですが、でも、一度読む価値はあると思います。

少なくとも私にとっては。

分かりにくいし、長いし、高いので、積極的にお勧めするわけではありませんが、ご興味がある方はどうぞ!

競争の戦略

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)