『ビジネス書大バカ事典』を読んで

笑いました。


人気のあるビジネス書(著者によれば「もどき書」)について、一刀両断。

「絶対成功する」とか、「誰でもできる」とか、「○○倍儲かる」とか、かなり調子のいいことを謳っている「もどき書」について、まじめにつっこみを入れているのです。

私も、日頃から、いい加減な本が多いと思っているので、その点では、この本のスタンスには賛同します。細かいことをいえば、取り上げられている本への批評、考え方はやや異なりますが、全体的として賛同します。

でも、わざわざ読む必要もないかとも思います。何せ300ページ以上もある本ですし、読まない方がいい本の説明を読むより、読むべき本を読んだ方がいいですからね。

要は、自分自身の価値観をしっかり持ち、批評的な目を持って、この手の本を読めばいいということです。

鵜呑みにしないってことですね。

読むべき本はどんな本かといえば、自分で道を切り開いてきた経営者の本だといっています。

確かにそうだと思います。

でも、こういう本より、「もどき書」の方が売れるんでしょうけどね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)