やりがいのある仕事

みんなが一つの方向に向かって一致団結し、頑張って目標を達成しようと一丸となっている組織。

そんな組織の仕事は、きっと楽しいでしょう。

いろいろ大変なこともあると思いますが、一つの目標めがけて突っ走っているときは、充実感もあり、楽しく仕事ができると思います。

でも、私の立場で、そのような組織に関わるのは、実は、あまりやりがいがないともいえます。

なぜなら、あまり、私がやることがない。。。

出る幕がないという感じでしょうか。

もちろん、そんな状態でも、私がお手伝いすることはいろいろあります。しかしながら、私の仕事の中で、もっとも大変で、だからこそ、もっともやりがいのある部分は、もうすでに終わった状態です。

私にとって、やりがいのある仕事とは、やる気のない人たちを前にして、この人たちを何とかしてやろう(すみません、失礼な言い方で)という仕事です。

まあ、どちらが楽しいかといえば、前者の仕事の方が楽しいでしょう。組織の雰囲気も前向きで、一つにまとまっているでしょうし、元気なエネルギーもあるでしょうから。

反対に、後者の方は、いろいろ面倒くさいこともありますし、不愉快な思いもします。最初は、ある種の戦いというか、さぐり合いというか、あんまり気持ちがいいとはいえません。

でも、そんな状態を通り過ぎて、まとまっていく過程にやりがいがあるのです。

汗をかいて、のどをカラカラに乾かして、そのあと冷たいビールを飲む!

いやぁ、うまい!!

そういうのと同じで、喜びの前に苦労があるというか、なんだかんだ面倒くさいところをくぐり抜けていくところが、ある意味ではやりがいがあるわけです。

素直に何でも聞いてくれる相手よりも、ある程度、手強い相手の方が、燃えてくるんですね。

ただ、経営者の方は別です。

経営者とは、お互いに理解し合って、信頼関係ができていないと仕事はうまく進みません。

もちろん、ときには、議論になることもあるかも知れません。

でも、基本的には、同じ方向を向いていないとうまくいきません。

そういう理解があれば、ほとんどの問題はクリアできます。

結局、私にとってやりがいのある仕事とは、よいチームの条件と同じかもしれません。

一つは、信頼できる仲間がいること。

一つは、目指すべき目標が明確なこと。

それがあれば、途中に困難があっても、どんと来い!という感じです。

むしろ、強敵の方が、燃えてきます。

さあ、来い!!

ん?

何か変かも。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)