楽しさは規律の中にある

楽しい会社をつくろう!

そんなことをいうと、時々誤解されます。多くの方は、その意図を汲んでくださいますが、やはり誤解されることもあります。

そんな誤解の最たるものが、

楽しく仕事をする=怠けている=まだまだ余力がある

という捉え方です。

でも、考えてみてください。

たとえば、スポーツを楽しむときのことを。

久しぶりにやるスポーツではなく、自分が得意で、日頃からやっているスポーツ。それなりにうまくできるスポーツです。

それが、たとえばテニスだとしましょう。

楽しいテニスとは、どんなテニスか。

相手よりも実力が数段上で、簡単に勝てるゲームは、たぶん楽しくありません。

勝つ喜びはあるでしょうが、力をもてあまして、決して楽しくはありません。

楽しいのは、実力伯仲の相手とギリギリのところまで勝負して、最後まで力を出し切ることです。

また、ルールを曲げて、「まあ、今のは入ってないけど、入ってたことにしよう」

こういうのも、面白くありません。趣味でみんなで楽しむためには、ある程度のハンディが有効なこともありますが、度を超せば、スポーツの楽しさを失わせます。

勉強も同じです。

高校3年生が、小学校2年生の試験を受けるとすれば、準備なども不要で、100点満点が取れるでしょうが、そこには楽しさも、喜びもありません。

カンニングしてもいいし、教科書を見てもいいよという試験も刺激がありません。

そもそも、試験は楽しいものじゃないかもしれませんが、手応えのあるレベルで、真剣勝負をするから「やろう」という気にもなるのです。

どんなことでもそうです。

従って、楽しい会社には、ある程度の自由も必要ですが、その前に規律が大切です。

規律のないところに楽しさはない

大げさかもしれませんが、私はそう思います。

規律のなさこそが、ただ楽で、ちょっと怠け気味で、余力を残した仕事をもたらします。

楽しい仕事、楽しい職場は、厳しく、規律のあるものなのです。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)