3つのスキルバランスの考え方

ロバート・カッツの3つのスキルについて考えてきました。今回はもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。
前回、人材の能力開発には「3つのスキルがバランスが重要」という話をしました。そのバランスを分かりやすくするために、下記のようにチャートにしてみました。
縦軸は、経営者や管理者、一般社員といった階層に、横軸は各階層ごとに必要な3つのスキルの割合を示しています。

      <各階層で必要とされる能力>
(階層)
─────┌─┬─────┬──────┐
     │ │     │コンセプチュ│
 経営者 │ └┐    └┐アルスキル│
     │  │     │     │
─────│—-└┐——–└┐——–│
     │   │ヒューマン│    │
 管理者 │   └┐ スキル└┐   │
     │    │     │   │
─────│——–└┐——–└┐—-│
     │     │     │  │
一般社員 │テクニカル└┐    └┐ │
     │ スキル  │     │ │
─────└──────┴─────┴─┘
       (求められるスキルの割合)

このチャートは私が考えたものではなく、もちろんロバート・カッツが提唱しているもので、組織における管理能力と職位の関係を描いたものです。
このチャートは、大きく2つの示唆があります。


●上位階層で求められるのはコンセプチュアル・スキル
1つ目は、見ても分かるとおり、階層が上位に進むほどテクニカル・スキルよりコンセプチュアル・スキルの比重が増大することです。
一般社員クラスは、日常業務をしっかりと行えるための基本的な業務知識が必要になります。経理部であれば、そのやり方を知らなければ仕事になりませんし、営業であれば、販売する商品知識は必須でしょう。
テクニカル・スキルには、こうした業務遂行上必要な専門知識だけでなく、経営知識も含まれます。
経営知識とは、会社とはどういうものなのか、ビジョンとは何かといったことから、財務諸表の見方やマーケティングの基本的知識のことを指します。一般社員の中でも管理職候補の方はその段階でこうした知識を習得しておく必要があるでしょう。
●ヒューマン・スキルは能力開発のキーポイント
さて、今一度、上記のチャートを見てください。2つ目の示唆に気づかれたでしょうか?
そうです、2つ目は職位の上下に関わらず、ヒューマン・スキルの重要性は不変である、ということです。経営者、管理者、一般社員のどれを見ても、ヒューマン・スキルの割合は変わっていません。つまり、どの階層でも必要なスキルというわけです。
ヒューマン・スキルが欠如したままでは、社員の能力開発はスムーズには進展しないともいえます。
有名な企業家であるロックフェラーも「この世のどのような能力にもまして、ヒューマン・スキルが重要である」と言っています。
ヒューマン・スキルとは自分を理解し、相手を理解できる能力ともいえます。そしてヒューマン・スキルのコアにあたるのはコミュニケーション・スキルです。
とかく日本人はコミュニケーションが苦手なようです。アメリカなどと違い、学校でディスカッションなどを行う場が少ないからかもしれません。
しかし、社員の能力開発を行っていくうえで、キーとなるのがヒューマン・スキルなのです。
このような考え方に基づき、ビジネスに必要な3つのスキルバランスを検討したうえで能力開発を行うことが大切なのです。
(中野克彦)

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)