社員の本音を理解しているか

「社員がなかなか定着しない」

ある経営者の方が、そんな悩みを語っていました。

「最近の若者は、すぐ辞めますからね」

と、分かったようなことをいってみたところ、

「いや、違うんですよ。長年、一緒にやってきた幹部が辞めるんです」

そういうのです。

入ってきたばかりの人ならともかく、長年一緒にやってきた仲間が辞めるとなると、それはショックでしょう。

相手を信頼しているだけに、裏切られたような気分にもなります。

「どうしてだよ?」

そう聞きたくもなります。

その経営者の方がいいます。

「あいつには、ずいぶん良くしてやったつもりなんだけどなぁ」
「給料だって、結構払ってるし・・・」
「今の役職にも抜擢してやったのに・・・」

「これだけ良くしてやったのに、突然、「辞める」だもんなぁ・・・」

かなりショックを受けている様子です。

経営者の話を聞いていると、この幹部は、恩知らずの、とんでもない人に思えてきます。

本当にそうなのでしょうか?

このようなケースは、結構、いろいろなところで起こっています。

経営者の方は、部下とともに仕事をしているつもりでいるのに、部下はそうでもない。
経営者の方は、部下を優遇しているつもりなのに、部下はそうは思っていない。
経営者の方は、部下と方向性が一致しているつもりなのに、実はそうではない。

経営者の立場からすると辛いことですが、そんなことはよくあります。

なぜ、そんなことが起こるのか。

やはり、コミュニケーション不足でしょう。

コミュニケーションというのは、単に会話をするとか、飲みに行くとか、そういうことではありません。本音の部分で、お互いの考えを共有できているかどうかが重要です。

多くの場合、どんなにいい関係であっても、部下は上司に遠慮しています。相手が、中小企業の社長ともなれば、なおさらです。相手の一存で、自分のクビが危うくなるかもしれないのですから、当然のことです。

部下の方は、いいたいことがあっても、十分にはいえない状況にあるのです。

いくら経営者が、「思っていることをいってくれ」といってみても、部下の方は本音を言うとは限りません。部下には、自分の生活を守る使命がありますから、本音を言っても良いものかどうか考えてしまうのです。

すると、どうなるか。

とりあえず、社長は部下と会話をしているし、良好な関係が築けていると思いこんでしまうわけです。

それが、まずい。

そして、突然、退職願。

どうすれば、それを防げるのか。

難しい問題です。
(次回につづく)

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)