俺の経営のどこが悪い!

昨日は、同友会の例会に参加しました。

そのタイトルが今日のタイトル。

すごいですよね。

ちなみにサブタイトルが、「なぜこんなに社員が辞めるのか」

普通は、もう少し格好のいいタイトルで、きれいにまとまった話になるのですが、今回は、タイトル通り、社長の本音での報告でした。

いろいろと感じることはありましたが、社長の話からだけでは判断できません。社員側からは、同じ事実でも違ったとらえ方をしていることがありますから。

これは、どちらが正しいとか正しくないという問題ではありませんが、とにかく、認識の違いは念頭に置いておかなければなりません。

社長がよかれとやっていることであっても、社員からすれば、ありがた迷惑ということもあります。

なんでも社長の目線、基準で考えてしまうと、社員にとっては、居心地の良い会社ではなくなります。居心地がいいというのは、楽で、給料が高くて、、、というような意味ではありません。多少仕事が大変でも、やりがいがあり、人間関係も良好で、この会社で働き続けようと思えるような環境という意味です。

中小企業は、経営者=オーナーということも多いですが、これを意識しすぎると、あまり良い会社にはならないように思います。

自分がオーナーなんだから、最後は俺が決める。
俺の会社なんだから、高い給料もらって何が悪い。
借金を背負っているのは俺で、社員は気楽でいいな。

このような考えを、全面的に否定することはできません。確かに、その通りだとも思います。でも、このような思いが心の底にあれば、結局、会社は「俺の会社」であって、社員にとって「自分たちの会社」にはなりません。

そうしたら、社員ががんばって働こうという気持ちにはならないのが当然です。

どうして、社長の会社のために自分ががんばらなきゃいけないのか。

そう思ってしまうからです。

今日の報告者も、時々、「自分がオーナーだから、最後は自分が決める」というようなことを思うそうです。当たり前ですけどね。

その「最後は自分が決める」というのは、当たり前だし、そうするべきです。その後、どうしてそのように決定したのかを、きちんと説明すれば、社員も納得します。

でも、「俺が決めて何が悪い」というような雰囲気を醸し出すと、社員の心は離れていくでしょう。

最終決定するのは、確かに社長。

でも、会社は、みんなの会社。

「会社は誰のものか」といえば、確かに株主のものかもしれません。でも、社員も重要な関係者であることは間違いありません。持ち主である社長だけになってしまったら、会社ではなくなってしまいます。会社を存続させるためには、いうまでもなく大切な、大切な存在です。

順調に成長していく会社になれるかどうか。

その分かれ目は、そのあたりの社長の考え方次第なのかもしれません。

同友会の労使見解も、そのことを表現しているように思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)