カフェテリアプラン

カフェテリアというのは、お客さんが、好みの料理を好きに選択して、自分でテーブルに運んで食べる形式の店のことです。

そこから、企業の福利厚生制度を、社員が自由に選択できるようにした制度が、カフェテリアプランと呼ばれています。自由にとはいっても、もちろん決められた枠があって、その中で自由に選択できるという制度です。

どうしてこんな制度ができたのかといえば、企業の福利厚生費の予算にも限界があり、一方、社員のニーズも多様化してきたからです。

福利厚生費が無尽蔵にあるのであれば、考えられるあらゆるメニューを全員に提供すればいいわけですが、それは現実的ではありません。どうしても予算には限界がありますから、提供できるメニューにも限界があります。

でも、だからといって、我が社はこれとこれだけです、と限定してしまったのでは、満足する社員もいれば不満足な社員もいる。そこで、好きなものを自分で選択させようというのが、この制度の狙いです。

ここで重要なのは、人によって望むものは違うという当たり前のことです。

会社に何を望んでいるのか。

これは、社員一人ひとり、微妙に違います。当たり前ですが、まったく同じはずがありません。

社長がよかれと思ってしていることでも、すべての社員がいいと思っているとは限りません。ある社員にとってはよくても、ある社員にとってはそうでもない。そういうことはたくさんあるはずです。

これは、どうすることもできません。

いろいろな人がいるのですから、全員が満足するわけがありません。

でも、だからといって開き直っていいものでもありません。

「人はみんな違うんだから、しょうがないでしょ」

そういうものではないと思います。

社員は、会社の姿勢をよく見ています。

社員だって、社員全員が満足できるとは思っていません。会社では、自分の思い通りにならないことがあることは、たいていの人は分かっています。

でも、その上で、会社がどうするかを見ているのです。

少しでも、一人ひとりのニーズをくみ取ろうとしているかどうか。

意見を採り入れようという姿勢があるかどうか。

それをどう感じるかによって、その人の愛社精神、帰属意識が変わってきます。

仕事に対するモチベーションも変わるでしょう。

重要なのは、実際に意見を採り入れるかどうかではなく、そういう姿勢があるかどうかです。

この会社は、本当に社員のことを考えてくれているのかどうか。

社員は敏感に感じています。

社員に迎合する必要もありませんが、社員を仲間だと考えていれば意見を聞くでしょう。

少なくとも、真剣に耳を傾ける姿勢を見せるでしょう。

同じ目的のため、同じ目標のため、同じ会社で一緒に働く仲間だと考えるのならそうするはずです。

もっとも、単なる使用人であれば、そうはしないでしょうが。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)