社員を満足させてはいけない?

顧客満足が大切なのと同様に、社員満足も大切だといわれます。

私も、基本的には賛成です。ただ、最近は、少し違ってきました。

違うといっても、社員満足が不要だということではありません。でも、社員を満足させればいいというものではないと思うのです。

どんなことでもそうですが、満足してしまえば、そこに安住します。しかしながら、世の中はドンドン変化し、進化していきます。この世の中で生き抜いていくためには、現状に安住せず、常に進化し続ける必要があるのです。

従って、社員を満足させてはいけないと思うのです。

でも、だからといって、社員に不満を持たせてよいということとは違います。

少なくとも、社員だけになると不満タラタラ、、、というような状況は避けなければなりません。

誰でもそうだと思いますが、満足できなくても許せる範囲と、思わず文句をいってしまいたくなるような、ちょっと我慢できない範囲があります。どちらも不満だとは思いますが、後者の不満は放置してはいけません。

不満の内容がどうかはともかく、「ちょっと我慢できない」ということは、会社のどこかに大きな問題が潜んでいる可能性があるからです。

よくあるケースとして、「この会社は給料が安い」というような不満があります。恐らく、本当に安いのでしょうが、このような不満が出てくるときは、不満の原因は他にあることが多いものです。

社内の人間関係とか、組織の体質とか、与えられている仕事とか、ソフト面での不満が大きくなると、「給料が安い」「休みが少ない」という目に見えることをあげて不平不満を言うようになります。

逆の場合、つまり仕事に満足しているとか、人間関係がいいとか、そういうときには別のことをいいます。

「まあ、うちの会社は給料は安いんだけどね。。。」と。

同じ給料が安くても、許せる範囲になってしまうわけです。

で、思うのです。

社員を満足させることを考えるより、働く喜びを教えることを考えた方がいいと。

働く喜びを知っている人は、自然に満足します。

「給料は安くて、仕事はきついけど、でもやりがいがある」
「忙しいけど、仕事が楽しい」
「細かいことがいろいろあって大変だけど、ありがとうといわれてうれしい」

何でもいいと思うのですが、

「ああ、仕事って楽しいな」
「頑張ってやってみると楽しいものだな」

そんな思いを持たせることが大切だと思うのです。

もちろん、給料、手当、就業時間、休みなどの労働条件も重要です。労働基準法がどうとかいう前に、普通の生活が送れる条件を整えることは大切です。

でも、それだけじゃダメなんです。

話を戻すと、だから社員満足ではなくて、働く喜びが大切だと思うのです。社員満足というと、どうしても給料とか休みとか、そういう条件面に関心が向かいます。

それはそれで大切が、働いている人が求めているものはそれだけではありません。

働くことで得られる喜び。

これが重要だと思うのです。

だから「楽しい会社」が大切だと思うのです!

「楽しい会社」になれば、みんなやる気満々ですよ!

だって、楽しいんですから!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)