チームワークは必要条件

チームワークというのは、チームワークをよくしようとしてよくするものではない。

そう思います。

少なくとも真のチームワークは、それを目的としてつくるものではありません。

つまり、プロ野球のチームなら、優勝、日本一を目指すという真剣な活動の中で、チームでの協同体制が必要になり、連携が必要になり、そしてチームワークが培われるということです。

会社でいえば、その会社が成し遂げようとしている目標、ビジョンがあって、それを実現する過程でできてくるのがチームワーク。組織の一体感。

チームワークをよくしようと、それを目的にするのは、何かが間違っているという気がしてなりません。

確かに、別の見方をすれば、ビジョンを実現するためには、組織全員が協力し、一丸となって取り組む必要があるので、チームワークをよくしたいという気持ちも分かります。

でも、それは見るべきところがずれています。

チームワークに意識が行き過ぎれば、ビジョンが実現しなくなる恐れもあります。

似たような話で、「社員満足」というものもあります。

「社員満足を第一に考えれば、自然に顧客満足も高まる」

そういう考え方もありますが、それは違います。

少なくとも、それだけでは十分ではありません。

「社員満足を第一に考えれば、自然に顧客満足も高まる」というのは、ある条件を満たした上での話で、本当に社員満足だけを考えているだけでは、顧客満足を高めることはできません。

確かに、社員が不満たらたら仕事していたら、顧客満足どころではないのは間違いありません。でも、社員を満足させることを目的にしたら、その目的は達成できるかもしれませんが、それ以外は達成できない可能性もあります。

極論すれば、「お客さんのいうこと聞いていると大変だから、適当に、楽にやってればいいよ」といえば、社員満足は高まるかもしれませんが、顧客満足は高まりません。

こんな極端な例を出すと、反論がしやすくなると思いますが、分かりやすくするためには、このぐらい極端な方がいいでしょう。

社員満足やチームワークは、ビジョンを実現するプロセスの中で培っていくものです。

その視点が欠けてしまったら、単なる仲良しクラブができあがるだけかもしれません。

繰り返しになりますが、ビジョンを実現するためには、良好なチームワークや社員満足は不可欠です。

でも、良好なチームワークや社員満足ができれば、ビジョンを実現できるとは限りません。

チームワークや社員満足は、必要条件であって、十分条件ではないのです。

目指すものではなく、あとからついてくるものだという気もします。

目指すのは、ビジョン。

目的を果たすためには手段を選ばない、というのもどうかと思いますが、社員満足だけを目指すのもおかしい。

社員あっての会社だという意識も大切だけど、社員満足だけを目指すのもおかしい。

企業のやってるのは、あくまでもビジネスですからね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)