コミュニケーション

28日付の日経新聞の夕刊に、こんなタイトルの記事がありました。

「若年転職、理由は上司」

入社したばかりの若者が、転職するのは、上司に原因があるという記事です。もっとも、すべてが上司に原因があるということではなく、きっかけとなるのが上司の一言だったり、態度だったりするということです。

たとえば、自分の希望通りの会社に就職できなかった場合。就職難なので、就職できるだけでもありがたいと今の会社に入った、というケースです。

自分の希望と違うから、最初から一生懸命働く気がないかというと、そんなこともないようです。やはり、入社した以上は、その会社でしっかりと働こうという人も多いのです。

ところが、そこへ、上司が理不尽な一言を投げかけたりする。そうすると、こんな会社にはいられない、別の会社でやり直そうと、転職活動に励むようになってしまうのです。

この問題の根本は、コミュニケーション不足です。

上司からすれば、部下を育てようと厳しく叱ったとしても、部下にはその真意が伝わりません。部下からすれば、単にうるさいだけの上司だったりします。すれ違いが生じているわけです。一度、ちょっとした溝ができると、それはなかなか埋まらなくなります。

そして、何かのきっかけで爆発して、退職してしまう。

今時の若い奴は、我慢をしらない・・・

そんな声が聞こえてきそうです。

確かに、そうなのかもしれませんが、どっちもどっちという考え方もあります。

コミュニケーションは、一方が発すれば良いというものではありません。相手が受け止めなければ、コミュニケーションが成立したことにはならないからです。

「あれだけ、口を酸っぱくしていったのに・・・」

よく聞く言葉ですが、いくら口を酸っぱくしていったとしても、相手が受け止めていなければ、コミュニケーションは成立していません。

そして、コミュニケーションが成立しない原因は、メッセージを発している側にあると考えるべきなのです。

きちんと聞いていない相手が悪い、といいたくなる気持ちは分かります。ただ、それをいくらいったところで、何も進展はしません。

よくいわれることですが、相手をかえるのではなく、自分が変わる方が簡単です。

コミュニケーションが良好になれば、組織の問題のかなりの部分は解決するでしょう。シンプルですが、重要な問題です。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)