貴社に役立つ情報をお届けします!

といって、時々FAXが送られてきます。

送られてきたものを手に取ると、まず、目に付くのが、「どうしてもお知らせしたい情報があるので、お送りしました」という文字。

「ほ~、そんなに良い情報なのか・・・」

などと思うはずもなく、

「また、送ってきたのかよ~」と、内容をろくに見もしないうちに、ゴミ箱行きとなります。

どこかの販促コンサルタントが、FAX DM送るときには、そのような一筆を入れた方がいいといっているのでしょうね。確かに、事務的に送られてくるよりは、コメントがあった方がいいし、自分のことを考えてくれているという気持ちが伝わってくれば、じっくりと読む気にもなります。

しかし・・・

あまりにも、見え見えです。同じ文言で、一斉に送信していることがよく分かります。

大体、どうしてこの情報が私の会社の役に立つと分かるのでしょう?

ろくに話をしたこともないのに。

こういうことをやっていると、次第に、悪いイメージを持たれるようになります。悪いイメージまで行かなくても、間違ってもよいイメージを持たれることはないでしょう。

それなのに、どうしてこんなことをやるのでしょう?

ちょっと考えれば、分かることだと思うのです。送られてくる立場に立ったら、「また来たよ」とロクに見もせずに、捨てられてしまうことも分かると思うのです。もっとも、だから、「お客様のために・・・」となるのでしょうが、それがウソだということは、すぐに見破られることも分かるでしょう。

それなのに、どうしてそんなことをやるのでしょう?

一つは、「そうやると読んでもらいやすい」という情報を、本当に信じて疑わないことではないでしょうか。情報を鵜呑みにして、自分の頭では何も考えずにやっているということです。

また一つは、良いも悪いもなく、「そうやれ」といわれたからやっているということ。これもまた、自分では何も考えずに行動しているのです。

このような状況では、会社は強くなりません。せっかく、複数の人間が集まっているのですから、各自の智恵を結集しなければ!

もっとも、いわれたことをやっているだけの方が楽なので、考えたくなんてないという人もいますね。そういう人に自主的に考えさせるというのも大変です。でも、あきらめずにやっていると、誰もが自主的に考えるようになるものです。

そうなったらしめたもの。

かつて、「面倒くさいから考えたくない」なんていっていた人が、人が変わったように、イキイキとチームを引っ張っている姿を見ると、こちらもうれしくなります。

そこまで行くのが大変ではあるのですが・・・

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)