鉄は熱いうちに打て

この季節になると、いつも書いているような気がするのですが。。。

春ですね!

新入社員を迎える季節です。学校では一つ上の学年に進級したり、進学したり、新たな出発のシーズンです。

私は、いつも思います。

新入社員の中で、会社に入ってがんばろうと思っていない人はいないと。

もちろん、人によって、がんばろうという思いの熱さには、差があると思います。本当は別の会社に行きたかったけど、入れなかったから仕方なく今の会社に入った、というような場合だと、少しやる気が不足しているかもしれません。

ひどい場合には、とりあえず就職しておいて、第2新卒で別の会社を目指す人がいるともいいます。

しかし、そんな人は例外です。というか、そう思うべきだと思います。

会社側の人間は、入社してきた人間は、全員やる気満々だと考えるべきです。

でも、しばらくすると、そのやる気満々の新入社員達も、やる気を失っていきます。それは、本人の責任でもありますが、会社側、上司、先輩達に問題の大半があると思います。

かつて、私はいわれたことがあります。

新入社員ではなく大学生の時ですが、塾講師のアルバイトを始めたときのことです。

アルバイトではあったのですが、塾講師という職からか、試用期間がありました。1ヶ月だったか3ヶ月だったかは覚えていませんが、その途中で責任者からいわれました。

「別に期待してませんから」

そのとき、正直言ってガックリきました。確かに、私は人に教えたこともないし、まだ始めたばかりだし、塾講師として未熟なことは分かっていました。でも、未熟だからこそ、人一倍がんばって、成果を挙げたいと意気込んでいたのです。

そこへもってきて、「期待してませんから」って。。。

もっとも、責任者の気持ちを正確にいえば、

「将来的には期待しているけれども、今すぐ成果を期待しているわけではない。だから、焦らずにじっくりがんばって欲しい」

そういうことだったのです。

今は、それが理解できますが、そのときは分かりませんでした。

ですから、「何だ期待されていないんだ。。。じゃあ、別にがんばらなくてもいいか。。。」

そんなことを思ったように記憶しています。

新入社員が、すぐに戦力にならないのは当然です。でも、期待しましょう!

プレッシャーをかけるのではなく、きっとやってくれると期待しましょう!

そうすれば、少なくとも、やる気を失わずにがんばります。

新入社員に対しては、「現状が未熟だ」ということをいうよりも、「がんばれば戦力になる」ということをいいましょう!

ものは言いようです。

コミュニケーション次第で、いつまでもやる気満々の社員でいるはずです。

鉄が冷めないように、熱いうちに打ち続けましょう!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)