楽しくなる前の苦しみ

どんなことも、楽しくなる前には、楽しくない時があります。

テレビを見るとか、音楽を聴くとか、完全に受動的なものは、例外かもしれませんが、自分が能動的に関わっていくことについては、どんなことも修行の時があります。

修行とは大げさかもしれませんが、スポーツをするにしても、楽器の演奏にしても、それを楽しむためには、必ずその基本を身につけなければなりません。そして、その基本を身につけることは、楽しくない場合もしばしばです。

仕事も同じです。

そもそも仕事は楽しいものじゃないという考えもあるでしょう。でも、ある程度の経験を積んでくれば、仕事の中に楽しさを見いだせるようになります。すべての人がそうとは限りませんが、仕事に楽しさを見いだせる人が存在することは間違いありません。

そして、仕事の中に楽しさを見いだせる人は、自然と成果を挙げるようになります。

さらには、人からいわれなくても仕事に励むようになります。

上司が見ていなくてもさぼったりせず、自らチャレンジしていきます。

上司が、部下に指導するときには、仕事のやり方、技術、知識を教えることも大切です。目標を達成するようにハッパをかけることも必要かもしれません。

でも、一番大切なことは、仕事の中に楽しさを見いだせるように、何らかの気づきを与えることではないでしょうか。

そうすれば、自然に成長しようとします。

新しい知識を身につけようと勉強します。

技術を高めるために、自ら訓練に励みます。

研修をしていると、社員の目が輝く瞬間というものがあります。何かをつかんだ瞬間です。

この輝きが出てこない限りは、叱咤激励も徒労に終わります。すべてが無駄になるわけではありませんが、労力の割には、成果があがりません。

効率的に、そして楽に、人を育てるためには、最初に、気づきを与えることです。

もっとも、気づきを与えるためには、「ただひたすらやれ!」と、ひたすら打ち込ませることが大切だったりもするので、話はややこしいですね。

ただ、そういう辛抱の時があって、それから楽しさ、喜びの時があるということは、教えてあげるべきでしょう。

将来ハッピーになるためには、今の我慢も必要だということ。

こんなことは当たり前の話なのですが、当事者は視野が狭くなっていて、嫌なことばかりに目がいってしまいがちなので、上司や先輩がフォローしてあげるといいのではないかと思います。

過保護だという意見もあるかもしれませんが。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)