自分らしく生きるということ

自分らしく生きる。。。

これは、素晴らしいことだと思います。私も、それを目指しています。

しかし。

自分らしく生きるというのは、わがまま放題、自分勝手に生きることではありません。

でも、最近は、そこを勘違いしている人が多いのではないかと思います。

特に若い人。(ああ、こういうことを言い出すのは、オヤジになった証拠。。。)

自分らしく生きるというのは、自分の個性を生かし、得意分野を生かし、持てる能力を十二分に発揮して、世の中に貢献していくことです。自分だけ良ければいいとか、人のことはどうなっても構わないとか、そういうことではないはずです。

でも、昨日、電車の中で、堂々とそんなことを語っていた若者たちがいたのですよ。

それで、思わず「特に若い人」と書いてしまいました。私だって、若者の中にも、立派な考えを持った人がいることは知っています。でも、つい「若い人」と書いてしまうほど、インパクトがあったのです。

その若者たちの会話は、私の血圧をかなり上げてくれました。ここに会話を再現しようかとも思いましたが、書くだけで気分が悪くなりそうなのでやめておきます。そのときもかなり気分が悪く、いっそのこと説教してやろうとかと思ったのですが、オヤジ狩りにあうといけないのでやめました。

情けないですね。。。

まあ、触らぬ神に祟りなしです。

もっとも、相手は女の子だったんですけどね。。。

それはそれで、大騒ぎになりそうだったものですから。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)