指摘するほどダメになる?

人の未熟なところ、不完全なところ、ダメなところを見つけると、どうしても指摘したくなります。

特に、自分より目下の人間に対しては、それを指摘することが自分の役割だという使命感も手伝って、ドンドン指摘してしまったりします。

このこと自体は、悪いことだとは言い切れません。指摘された人にとっても、自分の成長につながりますし、ありがたいことだともいえます。

ただ問題なのは、本当にその指摘が成長につながるのかということです。

もう7,8年前のことですが、私は生まれて初めて、ゴルフコースに出ました。仕事の都合で、どうしても参加しなければならなかったので、何回か練習しただけで、ほとんどぶっつけ本番でした。

当然、うまくいきません(苦笑)

そもそも、ゴルフのしきたりが分かりません。どういう順番で打つのかとか、次に何をやるのかとか、とにかく勝手が分かりません。

さらに、技術も未熟なので、まあ、お荷物状態でした。

それを見かねたキャディさんが、途中で、打ち方をアドバイスしてくれました。

何をアドバイスされたかは覚えていませんが、いわれたことはシンプルでした。

「腕をこうして、力をためて・・・で打ってみて」

そんな感じでした。で、その通りやってみたところ、うまくいったのです。

で、つぎにいわれたことは、

「今のイメージを忘れないで」

これだけです。

たぶん、改善すべき点は、たくさんあったと思います。でも、いくつも指摘されたところで、すべてを修正できるかといえば、そう簡単にはいきません。二兎追うもの一兎をも得ずということで、すべて修正できないこともあります。

だから、ポイントを絞って、指摘してくれたのでしょう。

指摘されたことも、「してはいけない」ことではなく、「こうした方がいい」ということを指摘してくれました。

また、人間は「これをしてはいけない」と意識しすぎると、なぜか同じ失敗を繰り返すものです。「してはいけない」ことに意識が集中しすぎていると、自分の意志とは裏腹に、「してはいけない」ことをしてしまうのです。

だから、「こうした方がいい」ということを指摘してくれたのかも知れません。

スポーツなどでは、チャンスボールが来て力んで失敗したり、イージーなボールを取り損ねたりすることがあります。これは、余計なことを考えて、余計なところに力が入るからです。

何も考えず、自然体で、無心でやればいいものを、考える余裕、考える余地ができてしまうと、かえって失敗してしまうのです。

実は、指摘しすぎると、余計なことを考えたり、意識しすぎる原因になります。

また、潜在的にできないイメージが定着する原因にもなります。潜在的に悪いイメージが定着してしまうと、自分でそれを払拭することは困難になり、なかなかうまくいかなくなります。

従って、できているときのことを褒めて、そのイメージを定着させる方が、成長につながりやすいのです。

やり方次第で、人の成長は促進されます。

逆もありますが。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)