うちは、BSが大事だから。。。

以前、会社の先輩に言われた言葉です。

さて、BSとは何か。

Boss Satisfaction、つまり、上司の満足です。

よく、CS(顧客満足)、ES(従業員満足)などといいますが、それに合わせて、BSといっていました。

BSというのは、ある意味では、決して悪いことではありません。高いレベルを要求してくる上司を満足させられるということは、よい仕事ができているということであり、きっとお客さんも喜んでくれているでしょう。

ところが。。。

このBSという言葉が出てくるのは、あまりよい傾向ではありません。

上司の顔色を伺って仕事をするとか、ただのイエスマンになるとか、お客様よりも上司が優先されるようになるからです。

上司がお客様のことを考えていれば、問題はないように思えるかも知れません。部下が上司のために仕事をしていたとしても、上司がお客様のことを考えていれば、結局、部下は、間接的ではありますが、お客様を見て仕事していることになるという論理です。

でも、残念ながら、そうはなりません。

たとえば、上司は、顧客満足を考えて「迅速な対応をしよう」といったとします。

でも、部下には「迅速な対応」という部分しか伝わりません。極端なことをいうと、とにかく迅速に対応すればいいということになってしまいます。

その結果、迅速なのはいいのですが、質が低下したりします。

部下は、上司の口から出た言葉だけに反応するのです。

たとえば、仕事では、QCD(質、コスト、納期)が重要になります。会社の考え方で重点の置き方が変わりますが、基本的には、3つをうまくバランスさせることが大切です。

でも、上司がコストのことをいえばコストだけ、納期のことをいえば納期だけ、とにかく、上司がいったことだけを気にするようになるのです。

いつも上司がどう反応するかを考えて行動するのですから、そうなるのは当然です。

結局、部下は、お客様のことを見て仕事をしなくなります。

そして、失敗します。

上司に注意されます。

すると、そこだけ気をつけます。

ところが、他の点で失敗します。

またまた、上司に注意されます。

すると、またまたそこだけ気をつけます。

そして。。。

と、いつまでたっても、部下は何かしら失敗をやらかして、いつまでたっても、上司は同じような注意をしなければならなくなります。

こういうことは、どんな会社でも起こります。でも、BSを強く意識している会社の方が、起こりやすいようです。

そして、意識を変え、行動を変えることが難しいようです。

結局は、Bossが気付かないとどうしようもありませんから。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)