社風

先日のブログにも書きましたが、それぞれの会社に、それぞれの雰囲気、文化、カラーがあります。社内の人には分かりにくいと思いますが、外部から見比べると、とても面白いです。

面白いというのは語弊があるかもしれませんが、「この親にしてこの子あり」みたいなところがあって、なるほどねぇと思うことが多いのです。

それぞれの社風を、私たちに感じさせてくれるのは、一人ひとりの社員です。ですから、社風はその会社の社員全員が作りだしているといっても良いかもしれません。

ただ、一人ひとりの社員は、社風の表現者ではあっても、創作者ではありません。

では、社風を作りだしているものは何か。

たとえば、評価制度や報償制度です。

どんなことをすると認められるのか。逆に、どんなことをすると怒られたり、罰せられたりするのか。

たとえ制度化されていなくても、日頃から、褒められたり、怒られたりしている中で、徐々に行動パターンが形成され、それが社風につながっていきます。たとえば、成果主義、実力主義の会社と、年功序列の会社では、社風も違うでしょう。

もちろん、経営理念も影響します。

ただ書いてあるだけで、「うちの経営理念って何だっけ?」とかいう状況では影響ありませんが、トップがうるさく伝えていれば、当然、大きな影響を与えます。

また、社員一人ひとりが、社風を表しているという意味では、誰を採用するかということも影響します。

たとえば、スポーツをやっていた体育会系男子だけを採用するとか、語学が堪能な女性だけを採用するとかすれば、会社の雰囲気がどうなるかは想像できると思います。

そこまで極端なことはなくても、採用する基準が決まっているので、大きな目で見れば、似たような人が入社しているはずです。もちろん、細かく比較すれば、性格も違うし、似ていない点も多いでしょう。でも、日本全国にいる多様な人たちを見て考えれば、ある程度は似ている人が集まっているはずです。

もう一つあげれば、どんな業界かということも影響します。

IT業界のように、比較的歴史が浅く、技術革新など変化の激しい業界なのか、歴史が長く、安定した業界なのか、競争が激しい業界なのか、成長している業界なのか。。。

そのような業界の特徴によって、社風も変わってきます。

このように、社風は、多様な要因が絡み合って形成されていきます。

しかし。

一つだけ、ものすごく強大な影響力をもった、とてつもない存在があります。

そうです。社長です。

社長は、上記の評価制度、経営理念、採用など、すべてに関わっています。規模にもよりますが、小規模の企業であれば、すべて社長が決定している会社も多いでしょう。

社長の直接的、間接的な影響力によって、社風は作られます。

社長の顔色をうかがっていない社員はいません。ここでいう「顔色をうかがう」というのは、へつらうとか、おべっかを使うという意味だけではありません。自分の意志を持たず、社長のいいなりになることをいっているのではありません。

たとえば、社長の意見に反対したり、苦言を呈するような社員がいたとしても、まったく社長の顔色を無視していることはないでしょう。やはり、社長を見た上で、ひと言申し上げているのだと思います。ですから、きちんとした考えを持った、主体性のある社員(幹部)であっても、ある意味では社長の顔色を伺っているのです。

結局、社長は、社員の行動に直接的、間接的に大きな影響を及ぼしています。

従って、社風を変えたければ、社長が変わらなければなりません。

少なくとも、自分が社員にどんな影響を及ぼしているかを、冷静に判断する必要があります。

社長がどんな行動、発言をすれば、社長自身が望むような社員、社風になっていくのか。

そう簡単にはいきません。

難しいのは、「こうなれ」と直接伝えても、そうはならないものがあるということです。

たとえば、「主体的に行動しろ」という永遠の課題。

まず、このようにいわれている時点で、主体的に行動できていません。いつまで言い続けても、できるようにはなりません。

実は、主体的に行動してもらうためには、別のことをしなければならないからです。

従って、自分(社長)の発言や行動に対してどんな反応があるのかを、きちんと見極めておかなければなりません。

その影響を見極めて、自分の発言や行動を修正していくわけです。

面倒くさいですし、簡単なことではありません。

でも、それをきちんと見極めないと、変な社風が出来上がります。

気をつけないと、裸の王様になる場合もあります。

難しいです。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)