八方美人

八方美人といえば、いい意味で使われる言葉ではありません。

でも、あえていいますが、私は八方美人です!

ある時は、社長の味方。
またある時は、幹部社員の味方。
またまた、ある時は、現場の味方。

都合のいいように、立場を変えます。

悪い奴ですって?

まあ、そう思われても仕方ありません。でも、私は、きれい事かもしれませんが、みんなでハッピーになりたいのです。ですから、誰かが虐げられていたり、誰かが辛い立場に置かれていたら、そちらの味方をしたくなります。

その場の状況によって、バランスを取るのも私の仕事だと思っています。

ですから、都合のいいように立ち位置を変えます。もっとも、みんなでいい会社にしたいとか、みんなでハッピーになりましょうという点は、いつも同じつもりです。

私は、この世の中に、悪い人はいないと思っています。

そのときの状況や育った境遇で、少しひねくれてしまっている人はいたとしても、基本的にはみんないい人だと思います。

そして、前向きに成長しようという人だと思います。

そうじゃなくなっているのは、環境のせいです。

または、ちょっと何かのウイルスに汚染されて、おかしくなっているだけなのです。

ですから、ちょっとしたことで、変わると思うのです。

実際に、変わっていく姿を何度も目にしています。

でも、大抵はやり方を間違えるのです。

変な例ですが、風邪を引いて体調不良の人が、サッカーをしているとしましょう。当然、体調不良ですから、動きは鈍く、いい加減にやっているように見えてしまいます。

その人に対して、もっとしっかりやれとはいいませんよね。

風邪を引いているのなら、まずは、休ませて、体調を整えるのが先です。熱が下がって、体調が回復すれば、プレーも自然によくなりますから。

分かり切ったことなのですが、現実の会社の中では、風邪を引いたサッカー選手に、しっかりプレーをしろといっているようなことがたくさんあります。

何か問題がある社員も、ちょっと風邪を引いていると思えばうまくいきます。風邪を引いた状態では何をいっても直りませんので、まずは、風邪を治させることです。

治療薬の一つは、その人の言い分をしっかりと聞いてあげること。

共感し、理解すること。

いいなりになる必要はありません。でも、理にかなっている点については、受け入れて、改善する。

そうすることによって、悪性のウイルスは、どこかに消えていきます。

相手がはき出して、それをきちんと聞いてやれば、どこかに消えていきます。

相手がはき出しても、それが受け入れられなければ、ウイルスの行き場がなくなるので、また本人のところに戻ります。

しつこいですが、きちんと聞けば、消えていきます。

消えていかないとしたら、それはきちんと聞いていないという証拠です。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)