おいしいビールの飲み方と社員教育の関係

ビールがおいしいとき。

夏の暑い日に、汗をかいて、のどが渇いたあと飲むビール。

これはうまい!!

風呂上がりの一杯。

これもうまい!!

反対にあまりうまくないのは、食事をたらふく食べたあとや、寒くて凍えそうなときや、のどが渇いてたけど水をたくさん飲んでしまった直後。

人によって、それぞれ違うでしょうが、同じビールであっても、おいしいときとおいしくないときがあります。

ですから、ビールをおいしく飲みたい人は、のどを渇かして、水などを飲まずに我慢して、冷えたビールをぐいっと飲むわけですね。そうやって飲めば、第3のビールや発泡酒もおいしく飲めます。プレミアムビールじゃなくてもおいしく飲めるわけです。

それは、好みの問題ではなく、味がいい悪いではなく、のどが渇いていれば、ある程度おいしく飲めるということです。

もちろん、自分が好きなビールを飲むのが一番おいしいことは間違いありません。ちなみに私は、エビスとか一番搾りが好きです。スーパードライはあまり好みではありません。

人それぞれ好みは違うでしょうが、好みの味のビールを飲むことやビールの品質も、ビールをおいしく飲むためには大切です。

また、缶ビールをそのまま飲むか、グラスに注いで飲むかでも大きく違います。もっとこだわれば、グラスの選び方から、そのグラスを冷やしておくかどうかとか、冷やすなら何度なのかとか、注ぎ方はどうするとか、そういうことも影響するかも知れません。

私は、缶ビールでもグラスに注ぎますが、そこまでですね。出張でホテルに泊まったときには、グラスを冷やしておくこともありますが、家ではそんなこともしません。注ぎ方も、いろいろあるのは知っていますが、面倒くさいので(早く飲みたいので)普通に注いでいます。

でも、缶からそのまま飲むよりは、グラスに注いだ方がずっとおいしいです!

さらにいえば、飲む環境によっても左右されます。

一人で静かに飲むのと、気の合う仲間とワイワイ飲むのでは全然違います。

店で飲むとしたら、店員の接客や内装によっても、味に差が出てきます。

同じ物を飲んでいても、その環境によって、味の感じ方は違ってくるわけです。

さて、以上を整理してみましょう!
(そんなこと整理してどうする!とかいわないように)

本当においしくビールを飲むためには、

1.おいしく飲める状態(のどが渇いているなど)を作る
2.味のおいしいビール(好みのビールなど)を用意する
3.ビールがおいしくなるような出し方(コップに注ぐなど)をする
4.気持ちよく飲める環境(店、場所、仲間など)を作る

このような要素が必要になってきます。

さて、ここからが本題です。相変わらず前振りが長いのですが、ここで終わってしまうと、単なる「おいしいビール教室」になってしまいますので、続けさせて頂きます。

申し上げたいことは、社員教育も同じような要素が必要だということです。

先ほどの4つの要素に合わせてみると、こんな感じです。

1.社員を学びたいという気持ちにさせる
2.高品質、いい内容のコンテンツを用意する
3.コンテンツの良さが伝わるような伝え方をする
4.社員教育を行う環境(研修会場だけではなく、会社全体の雰囲気)を整える

これらは、すべて大切ですが、一番気をつけなきゃいけないのは、1.の「社員を学びたいという気持ちにさせる」ことです。

ビールも同じです。

2~4も大切ですが、何よりものどが渇いているという状態が、ビールをおいしくします。

学ぶことも同じです。

もっとも、のどを渇かすというのは簡単ですが、「社員を学びたいという気持ちにさせる」というのは難しいかも知れません。

別の見方をすれば、それができてしまえば、社員教育は簡単だということになりますが。。。

さ~て!

そろそろのども渇いたので、ビールでも飲むか!!

ん~、うまい!!!

実は、そのために書いていただけだったりして。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)