商売を長く続ける秘訣

先日、ある経営者と話をしているときに聞いた話です。

その方が、小樽に旅行に行ったときのこと。

時間は、夜の8時ぐらい。そのあたりの店はほとんどしまっていたそうです。そんな中、少し遠くに、1件だけ電気がついている店が。。。

興味を持ったその経営者は、行ってみたそうです。

それは、小さな洋菓子店でした。

好奇心旺盛なその方は、店のご主人に積極的に話しかけました。そして、その店が、創業100年以上たつ店だということを知ります。

「そんなに長く続ける秘訣は何ですか?」

「秘訣なんて何もないですよ。。。」
「でも、これだけ続くのですから、何かありますよね」
「まあ、気をつけてるのは、楽しく作ることですかね」

その店のご主人は、楽しくお菓子を作らないと味が悪くなるといいます。

心を込めて、楽しみながらお菓子を作ると、おいしいお菓子ができる。
反対に、イヤイヤ作ったり、他のことを考えながらお菓子を作ると、味が悪くなる。

「ですから、みんなにも楽しく、心を込めて作るように言ってるんですよ」

それを聞いた経営者は、帰社後、社員にも言ったそうです。

「俺たちも、楽しく、心を込めて仕事をしよう。そうしないと、それが商品に出るから」

それを聞いたとき、私にも心当たりがありました。

私の仕事の一つに、文章で報告書をまとめることがあります。書面ですから、心を込めても込めなくても、それほど変わらないようにも思えます。楽しんで作るかどうかが書類の質を変えるかというと、そうでもないようにも思えます。

ところが、やっぱり全然違うんです。

たまたま、いろいろな仕事が重なって、ものすごく忙しい時。

「面倒くさいな」とか「嫌だな」とか、マイナスの感情を持って作った書類は、あとで読み返すと、やっぱりそれなりのものでしかありません。

心を込めて、あるいは、自分の思いがそこに入った状態で作った書類は、イキイキとしているというか、エネルギッシュというか、やっぱり説得力があります。

楽しく、心を込めて仕事をすること。

やっぱり、これが大切なんです。

それが、品質を高める大きな、重要なカギなんです。

どうやって、社員の気持ちをそうさせるか。

どうやって、そういう環境を作り出すか。

その一つは、経営者自身が楽しむことだと思います。

心を込めて、仕事をすることだと思います。

そうすれば、自然に、少しずつ、その気持ちが伝わっていくのではないでしょうか。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)