チームとグループの違いは?

時々、研修などで「チームになろう」というようなことをいいます。

グループではなくて、チームです。

その違いは何か?

「大辞林 第二版」によれば、以下の通りです。

【チーム】
(1)共同で仕事をする人々の集まり。団。
(2)競技で戦い合う、それぞれの組。

【グループ】
人々の集まり。集団。仲間。

だめ押しするために、英語でも見てみましょう。チームやグループは、もともと英語ですから。

【team】
(1) a group of people who have been chosen to work together to do a particular job
(2) a group of people who play a game or sport together against another group

日本語と同じですね。当たり前かもしれませんが。。。

ただ、これで分かるのは、a group of people who ~ となっているので、teamは、groupの中で、ある条件を満たしたものを指すのだということが分かります。

ついでに、groupの方はといえばこんな感じです。

【group】
(1) several people or things that are all together in the same place
(2) several people or things that are connected with each other

つまり、何人かの人が、ただ同じところにいるだけ、何となく一緒にいるだけなのです。

では、会社の人はどうなるのかといえば、本来はチームであるべきです。

ところが、現実的には、単なるグループでしかないことも多いのです。

一番やっかいなのは、何となくうまくやってるんだけれども、チームになれていない場合です。表面的にはうまくやってるけど、腹の中を見てみると、みんなバラバラという状態です。

こういう状態は、見るからにバラバラな状態よりもやっかいです。

なぜかといえば、見るからにバラバラだったら、誰もが問題だと気づき、対処しなければいけないと考えるようになるからです。そして、見るからに問題があるので、思い切った対策を取ることもやりやすいのです。

ところが、表面的にうまくいっている場合はそうはいきません。

そもそも問題に気づかない場合もあります。何となく仲良くやっているわけですから。

とりあえずはうまくやってるので、思い切った対策も打てません。わざわざそんなことをしようと考える人もいないかもしれません。

組織を考えるときは、単に雰囲気がいいかどうかではなく、チームになっているかどうかで見るべきだと思います。

同じ場所でトゥギャザーしているだけじゃ、ダメだということです。

明確な目的のためにトゥギャザーしなきゃダメなのです。

やぶからスティックですみません。。。

(–;)

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)