技・体・心(スポーツ編)

よく、心技体という言葉を使います。そして、人によっては、この言葉の通りで、まず心が大切なのだということをいいます。技や体があっても、心がないと結局生かせないからです。

確かに、それには一理あります。同じようなレベルの人であれば、心の強い人が勝ちます。場合によっては、身体能力では劣っていても、その差が少しならば、心でカバーできてしまいます。

ですから、心はすごく大切です。

じゃあ、まず、心を鍛えよう!

そう思っても、そううまくはいかないのが、現実ではないでしょうか。

では、どうするか。

すべてが同じパターンでは行かないと思いますが、私は、まずは技から入るべきだと思っています。

たとえば、、、私がたとえ話をすると、大体、スポーツか音楽になるのですが、、、野球のピッチャーをやるとします。

ピッチャーは基礎体力がいりますから、走って、走って、、、とやりたくなるところですが、それをやってもあまり面白くありません。あまりやりすぎると、辛いばかりで嫌になってしまいます。そこで、まずピッチングの面白さを覚えさせようではないか。それが、私の考えです。

変化球を投げると負担が大きいといいますので、それはやめておくとして、ストレートだけでも、とにかくピッチングをやらせてみる。そして、その楽しさ、難しさを体感させる。

そうすると、本人が、いろいろと理解します。

「ああ、ピッチャーというのは、体力が必要だな。スタミナがいるな」

そう思ったら、体力づくりのランニングも、進んでやるようになるでしょう。少なくとも、いいピッチャーになりたいという意欲がある人は、そういう訓練をやるようになります。

そして、スタミナが付いてくると、次は、ピッチングの技術を高めようという思いに駆られるでしょう。切れのいい変化球を覚えたいとか、コントロールよく投げられるようにしたいとか。

そうすると、そのために何を鍛えたらいいか、どんな練習をしたらいいかというところに、意識が向かいます。いいピッチャーになりたい人は、きっとその練習をするでしょう。

そうやって、ある程度体力と技術が高まってくると、次は心の壁にぶち当たります。

実際の試合ではなく、練習で投げている分には、切れの良いフォークボールが投げられるようになった。ところが、ランナー2,3塁のピンチとかになると、どうしても思うように投げられない。練習では投げられるんだから、技術の問題ではない。ピンチで緊張するという心の問題だ。

こうなったところで初めて、人は心を鍛えようと思うのではないか思います。

要するに、技・体・心の順番で鍛えていく、あるいは成長していくのだと思います。

正確にいえば、技や体を鍛えている途中で心も鍛えられていると思います。ただ、それは心を鍛えようとしているというよりは、他のことを鍛えることによって、付随して磨かれるということです。

もっとも、武道などでは、最初から心を鍛えるということを重視してやっているかもしれません。

それはそれで素晴らしいことです。

ただ、難点は、それについてこられない人もいるということです。

ついてこられない人を放っておけばいいのならそれでいいですが、そうじゃない場合は、全員が育っていくプロセスを考える必要があります。

そうすると、最初は何となく生ぬるいかもしれませんが、そのスポーツを楽しむことから入るべきなのです。

で、いつものようにこれは前ふりで、本当はここから「じゃあ、仕事では~」と始まるのですが、長くなったので、この続きは明日ということにさせていただきます。

是非、明日もよろしくお願いします(^。^)

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)