研修とモチベーションの維持

研修やセミナーに参加すると、その瞬間はモチベーションが高くなります。刺激を受けて、行動を変えようとか、新たにチャレンジしようとか、単純に頑張ろうとか、意識が変わります。

ところが、たいていの場合は、時間がたつにつれて、その意識が薄れていきます。

それは、自発的に、自分の内面からそうなっていったわけではなく、受動的なものだからです。特に、短期間で、外から強烈なメッセージを受けて刺激を受けた場合は、短期間で戻ります。

外からの影響でも、時間をかけて刺激すれば、それなりの期間持続します。

基本的には、その刺激を与えた期間(研修やセミナーの時間)に比例して、その効果が継続すると考えてよいでしょう。

これは、研修やセミナーだけではなく、上司から叱られたとか褒められたとか、そういうことも同じです。

本人の内面ではないという意味では、上司からや、同僚から、後輩から受ける刺激も外からの刺激です。

よく、ライバルがいると成長するというのは、外からの刺激が絶えず入ってくるからでしょう。ライバルの成果や仕事ぶりを見て、そこから刺激を受け続けているので、モチベーションが高い状態を継続できるわけです。

でも、いつもそういう状態とは限りません。

では、どうするか。

ライバルとなる同世代をくっつけるとか、後輩を指導させるとか、そういうやり方もあるでしょう。

新しい仕事を与えるというやり方もあるでしょう。

でも、それだけでは、研修やセミナーで受けた刺激を持続できないことがあります。

では、どうするか。

たぶん、一番多いパターンは、継続していないことを叱るということです。ダメ出しすれば、ダメな部分が解消されるという考え方です。

でも、残念ながら、あまり効果がないと思います。

なぜか。

ダメなことは、本人だって分かってるからです。

どの程度分かっているかは別ですが、継続していないことについては、自分でも分かっています。

「ああ、また続かなかったな。。。」

本人も自分がダメだと思っているのです。

そこに、

「おまえ、続けなきゃダメじゃないか」

そういっても、あまり効果はありません。

もともと、継続できなかった自分にがっかりしてモチベーションが落ちているところです。怒られれば、もっとモチベーションは下がります。

それでも、怒られたのでやらなければいけないと思うかも知れません。でも、今度は、怒られたから仕方なくやることになるのです。

「ああ、せっかく頑張ろうと思ったのに続かなかったな。。。」

と、モチベーションが下がり、

「ああ、また怒られちゃったよ。。。」

と、ますます嫌になり、

「ああ、でもまた怒られるから、やんなきゃな」

と、気が乗らないのに、もう一度やろうとします。

これでは長続きしません。自主的に、積極的にやろうとしていないので、長続きするはずがありません。むしろ、大きなストレスになって、エネルギーを消耗するでしょう。

せっかく、何かするのなら、意味のあることをするべきです。

継続していないことを指摘するとしても、「継続していないからダメだ」というのではなく、「継続すれば素晴らしい」というべきです。

「今はやめてしまっているけれども、このままやめたら本当に意味がなくなる。せっかく、少しやり始めたんだから、もう一度やってみろ。そうすれば、必ず自分のためになる」

相手がダメだというメッセージではなく、どうしたらもっとよくなるかというメッセージを発するべきです。

誰でも、何かを続けることは大変です。特に、自分一人で、何かを継続していくことは大変なことです。途中で挫折しそうになることもあるはずです。

組織の素晴らしいところは、そういうときに、励ましてくれる人がいるということです。

お互いに助け合って、力を合わせて、一つの目標に向かっていけることです。

足を引っ張るのではなく、支え合って、強くなっていけることです。

時には、ダメなところを指摘することも必要でしょう。ただし、指摘の仕方を間違えれば逆効果になります。

残念ながら、うまく指摘できている例は、あまり多くはないようです。

うまくできているかどうかは、みんなのやる気で分かります。

うまくやるのは、難しいですけど。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)