社員の言葉遣い

いろいろな会社にお邪魔して気づくことは、社員の言葉遣いは、社長の言葉遣いに似ているということです。もっとも、これは言葉遣いに限らず、いろいろなことが社長に似ていたりします。

やはり、社長は会社の中で大きな影響力を持っているので、知らず知らずのうちに、社員に影響を与えているようです。

面白いのは、似るところは、大抵良い方ではないということです。

たとえば社長が、お客様に対して素晴らしい対応をしているとします。言葉遣い、姿勢、いろいろなことを含めて、すべて素晴らしい対応。でも、残念ながら、そういう良いものについては、あまり伝わっていきません。

もちろん、影響していくことは間違いありませんが、悪いことに比べると伝わり方は遅く、影響力も弱いようです。

反対に、あまりよろしくないこと。これは、すぐに波及します。

たとえば、社内の部下に対しての乱暴な言葉遣い。これは、見事に部下に波及します。

社長 → 部長 「なにやってんだ!このボケッ!!やる気あんのか!!!」
部長 → 課長 「なにやってんだよ!ボケッ!!やる気ないんじゃないの!!!」
課長 → 社員 「てめえ、なにやってんだ!ボケッ!!やる気だせ!!!」

というような具合に、社長の言葉が、階層を経ながら末端まで同じように使われていたりします。

もし、部下の言葉遣いがなっていないとお嘆きだとしたら。。。

ひょっとすると、自分の部下に対する言葉遣いが乱暴なのかもしれません。

部下は、自然にそういうところに影響を受けていますから。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)