毎朝の掃除

今日は、自宅の大掃除。

窓ガラスを拭きながらふと思いました。

「毎朝、掃除やるというのは大切だな」と。

よくありますよね。毎朝、社員全員で会社の周りを掃除するとか、社内を掃除するとか。会社によっては、トイレ掃除を社長が率先してやるとか。

そして、掃除をしっかりやることで会社がよくなるなんて話もあります。

確かに、きちんと掃除ができていて、整理整頓がしっかりしている会社は、その他のこともしっかりしています。たとえば、挨拶とか、接客態度とか、いろいろなことがきちんとできています。

でも、掃除をやっているから挨拶ができるようになるとか、掃除をしっかりやるから接客態度がよくなるかというと、疑問が生じる人もいることでしょう。

掃除と、挨拶や接客との関係が不明ですからね。そう思うのも無理はありません。

実は、私も昔はそう思いました。

「掃除することは悪くはないけど、それだけで会社がよくなるわけない。。。」

でも、最近は少し考えが違います。

今日、窓を拭きながら思ったのは、掃除することで心が磨かれるというのは本当だということ。

どうしてそうなるのかというと、たぶん、ガラスをきれいにしようと、一生懸命拭いていると無心になれるのです。無心というのは少し大げさかもしれませんが、それでも余計なことを考えずに、今磨いている部分に集中することは間違いありません。

ちょっとした汚れ、曇りをとろうとすると、自然に窓を拭く手に力が入ります。そうすると、だんだんそこに集中するので無心になれるのです。

そうこうするうちに、たとえ寒くても少し汗ばんできます。

きれいになると、「ああ、きれいになった」と、ちょっとした喜びがあります。

そうなんです。

この掃除の中で、ちょっとした達成感が得られるのです。

そして、汗ばむぐらい身体を動かしていますから、脳も活性化します。

掃除を終えたあとは、ちょっとした達成感を感じていい気分であり、脳も活性化しているので良い考えも浮かんでくるでしょう。いい気分ですから、考えることもポジティブなものだと思います。

それを毎日やっていれば、会社が活性化することは間違いありません。

ただし。

たぶん、掃除をやればいいというわけでもないと思います。

ポイントの一つは、何かを磨くということではないでしょうか。磨くためには、力を入れなければいけませんから。そうすると、先ほど書いたように、集中力が高まりやすいように思います。

ほうきなどで掃くのも立派な掃除で、きれいにするという意味では、とても有意義です。でも、あんまり力を入れなくてもいいんです。何かを磨くよりは、集中もしないように思います。

そんなわけで、掃き掃除では意味がないということはありませんが、一番いいのは何かを磨くことではないかなと思いました。磨かなくても、ぞうきんなどで拭くとか。

そうすれば、掃除をやることで、いい会社になっていくのではないかとおもいます。

ところで。。。

どうして、私は、窓を拭きながらこんなことを考えるんでしょうかねぇ???

完璧に職業病ですね。まったく。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)