スイカには塩

スイカを食べるとき。

って、夏ならともかく、真冬で、しかも正月にスイカなど食べないと思いますが、、、

スイカの甘みを引き立たせるために、塩を少しかけるといいといいます。

私自身は、そういわれてやってみましたが、そのまま食べる方が好きです。でも、甘いものに塩をかけたり、辛いものに甘いものをかけたり、反対の味をちょっと加えることで、おいしさを際だたせるというのは、いろいろなところで聞いたりします。

アメリカの映画やドラマを見ていると思うのですが、どんなにシリアスなストーリーでも、それ一辺倒で終わらないことが多いのです。たとえば、悲しい話やつらい話であっても、ストーリーのどこかで、クスッと思わず笑ってしまえるような場面があります。

そして、その場面が入ることで、悲しさやつらさがより際だつのです。

専門的なことは分かりませんが、たぶん、コントラストを明確にすることで、より印象づけるような手法なのではないかと思います。

音楽でも、最初は地味で、控えめに始めて、サビで思いっきり盛り上げた方が、曲全体のメリハリができます。絵画でも、明るさを出すためには、暗い部分を描いた方が目立つだろうと思います。
料理でも、途中で少し味の傾向を変えた方が、次の料理をおいしく頂けます。

これは、社員教育にも当てはまります。

たとえば、研修では、必ずこの研修で伝えたいメッセージというものがあります。そのメッセージをストレートに、何度も何度も伝えていくというのも、きちんと伝える一つの手法です。

でも、何度も何度も同じことをいっていると、聞き手に悪気はなくても、そのうち集中できなくなります。知らず知らずの間に、「ああ、さっきも聞いたことだ」と感じて、他のことに意識が行くようになってしまうのです。

それを防ぐためには、そのメッセージを伝えるために必要なスパイスを加えたり、演出を施す必要があります。

スイカに塩をふったり、シリアスなストーリーに笑いを取り入れるのと同じように、何らかの仕掛けが必要です。

でも、難しいのは、下手にそういう仕掛けをやろうとすると、かえって逆効果になるということです。

ドラマや映画でもそうですが、「ああ、次はきっとこう来るぞ」と予想できてしまうものがあります。ドラマや映画なら、その予想が当たろうが当たるまいが、それはそれで楽しめます。当たれば、「ほら、当たった」と一人で優越感に浸れますし、当たらなければ「そう来るのか!」と意外な展開に引き込まれていきます。

ところが、研修などでは、基本的に受講生に予想されてしまう展開はあまりよくありません。

もちろん、内容にもよるのですが、メッセージを脳裏に焼き付けるためには、その瞬間のインパクトが大切なのです。つまり、研修全体の展開や演出が重要になるということです。

な~んていっていますが、こんなことをいうのは、私だけかも知れません。

いたずら好きというか、サプライズが好きなんです(^_^)

研修では、いつどこで笑わせようかとか、びっくりさせようかとか、そんなことばかりを企んでいます。

それが生き甲斐?です。

おっと、今のは冗談です。

いつも、クライアントの企業が成長・発展することを祈念し、誠心誠意、真剣に。。。

白々しいですね。。。

まあ、正月ですから、勘弁してください。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)