幹部社員の成長

定期的に幹部ミーティングに参加している会社があります。今日もそうでした。

ここでは、いつもそのあと飲みにいきます。そうなってから2年ぐらいになるでしょうか。

最初は、幹部が本音で話せる環境をつくるとか、お互いの信頼関係をつくるという目的がありました。当時は、研修などで知ってはいたものの、今ほどの関係は作れていなかったからです。

当時の話をいちいち覚えているわけではありませんが、飲みながら相手の本音を聞きだし、かつ、幹部として「こうしなければならない」という「あるべき姿」を伝えようとしていたように思います。

彼らがどう思っていたかどうかはともかく、こちらはお酒を飲みながらも研修の一環のようでした。

では、最近はどうなったか。

酒を飲みながら、仕事の一環になるというのは、今も変わりません。

でも、今は、私からの研修ではなく、幹部ミーティングの延長になっているように思います。

要するに、「あそこを何とかするためにはどうしたらいいか」というような話を、飲みながらしているのです。

もちろん、どうでもいい話もたくさんしています。でも、気づけば、また仕事の話に戻っていたりします。

時には、私からアドバイスをすることもあります。でも、私の方から一方的にこうした方がいいとか、あれをした方がいいとか、そういうことをいうわけではありません。

彼ら自身がいろいろ考えて、悩んで、実行したことについて、少しだけアドバイスをするのです。

そう考えると、以前に比べれば、幹部社員としての自覚がしっかりとしてきたのだと思います。正確にいえば、自覚だけではなく、そこに行動や思考が伴うようになってきたという感じです。

最初の頃は、幹部として自覚しているのは分かるのですが、それが考え方や行動には至っていなかったように思います。

結局、幹部として自覚して、本当にそれらしくなるまでには、時間がかかるということなのでしょう。

もっとも、こんなことを書くと、そこの社長はおっしゃるでしょう。

「あいつらは、まだまだだ」と。

確かに、まだまだのところはあります。

でも、明らかに成長しているところもあります。

成長のスピードがどうか。今のレベルがどうか。

言い出したらきりがないと思います。

でも、成長していることは間違いありません。

是非、厳しく、でも、暖かく、見守っていただきたいと思います。

私も、微力ながら応援していきたいと思います。

ブログランキング ビジネス

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)