社員の成長

昨日、幹部社員の成長について書きましたが、その会社の話です。

実は、昨日の飲み会には、幹部社員だけではなく、他の社員も参加しました。幹部社員が声をかけたところ、2人が一緒に来ました。

飲み会ですから、くだらない話をたくさんしています。仕事の話もしますが、仕事の話ばかりではありません。

昨日もそうでした。

ですから、これから書くことは、私の感覚的なものです。ひょっとすると、願望の表れかもしれません。

で、何を書こうかと思ったのかというと、「みんな大人になったなぁ」ということです。

昨日は、幹部社員が成長したということを書きました。それと同じように、そこに参加した社員も成長したなぁと思ったのです。

何が成長したのかといわれると、よく分かりません。

ただ、飲んでいるときの雰囲気から、何となく成長したと思ったのです。

そして、ここからは、ますます私の勝手な思いこみというか、願望になるかもしれませんが、彼らもまた、

「いい会社にするために、協力してがんばっていこうぜ」

そう思っているような気がするのです。

なぜ、そう思うのかといえば、3ヶ月ぐらい前から、全メンバーに対してメッセージを発するようにしたことが、少しずつ効果として表れているのかなということです。

実は、3ヶ月前ぐらいまでは、私が参加するのは、幹部だけのミーティングでした。そこから、幹部が部下にメッセージを発するというやり方をしていたのです。

でも、それだけでは組織全体の一体感が出せないと思うようになって、幹部だけのミーティングと全体のミーティングを交互にやることにしました。

そして、全体ミーティングの場で、私からも「全メンバーでいい会社にしていこう」というメッセージを伝えました。社長、専務、幹部社員も、言葉こそ違えど、同様のメッセージを発していると思います。

そのメッセージが浸透し始めたからこそ、飲み会に他の社員がきたのかなと思ったわけです。

実は、これまでも、幹部社員が「一緒にいこう」と声をかけていました。でも、断られていたんですよね。何度も。

たかが飲み会の話です。

こんな長々と書くこともないと思われるかもしれません。

でも、たかが飲み会、されど飲み会です。

上司から誘われて、誘いに応じるかどうかというのは、チームワーク、社内の雰囲気、両者の関係など、組織上の重要なことが大きく影響しています。

大げさなようですが、これは事実です。

今回、幹部以外の社員が飲み会に参加して、くだらない話かもしれませんが、飲みながら話をしたということは、実は大きな一歩なのではないかという気がしています。

たぶん、いえ、間違いなく、メンバーの一体感、結束力は高まるでしょう!

これからが楽しみです!

ブログランキング ビジネス

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!