隣の芝生は青く、うちの社員は青い

親しい経営者が数人集まって話をしているとき。

「Aさんのところの、Xさんは素晴らしいですよね」
「いやあ、BさんのところのYさんこそ、素晴らしいですよ」
「それに、CさんのところのZさんもまた、素晴らしいですよね」

こんな会話が交わされることがあります。

これを、そのまま鵜呑みにすると、みんな素晴らしい社員がいらっしゃることになります。

めでたし、めでたし[E:happy01]

ところが、他社の社員を褒めまくっている経営者が、自社の社員のことを語り出すと、これがなんといいますか、急にトーンが変わるんです。

「うちのXは、だらしなくて。。。」
「うちのYは、まだまだ自覚が足りない。。。」
「うちのZは、口だけですから。。。」

どうして、まあ、そんなに変わるのでしょう[E:sad]

私からいわせると、Xさんも、Yさんも、Zさんも、みんな素晴らしい!

でも、完璧じゃない。

まだまだ、成長過程だし、これから身につけていくことがたくさんあります。

もっとも、そんなことは、誰でもそうで、こんなことを偉そうに書いている私にも当てはまります。

ところが、経営者というものは、自社の社員のことになると、そういうことが見えなくなってしまうようです。

たいていの社長さんは、自社の社員に対する評価が厳しめだと思います。

もっとも、私が見ているのは、その人のほんの一部の姿だから、こんなことをいえるのだという解釈もできます。一緒に働いている人は、日常的に、もっとダメな部分、改善すべき部分などが見えてしまうと思いますので。

それでも、あえて言わせていただけば、やっぱり、それでも素晴らしい社員さんばかりだと思います。

他社の社員はよくみえるかもしれませんが、第三者から見れば、良くも悪くも、ドングリの背比べ。みんな同じです。

あんまりいい表現じゃないですね[E:coldsweats01]

みんな、ダイヤモンドの原石![E:happy02]

言い過ぎか。。。[E:think]

とにかく、みんなよく見れば、いい社員さんばかりですよ。

完璧じゃありませんが。。。

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)