理解度はアウトプットで確認するべし

突然ですが、今日、かつて塾講師をやっていたときのことを思い出しました。

塾で説明を終えたあと、生徒に対してこういいます。

「みんな、いい?分かったね?」

すると、生徒たちは、

「ハイ!!」[E:happy01]

と、いい返事。顔を見れば、「よく、分かった」[E:happy01]というような、すっきりした表情。

よしよし、これで理解してくれたなぁ。。。

そう安心していると、問題をやらせて、あらびっくり!!

おいおい、ちっとも分かってないじゃないか!!![E:shock]

どういうこと!?[E:wobbly]

思い出したのは、こういうことです。

このことが分かってからは、彼らが分かったかどうかを判断するのは、彼らの態度や表情ではなく、実際に問題をやらせた結果を見ることにしました。

結局、彼らが自分自身で問題を解くことができなければ、理解したことにはなりませんからね。

で、今日は、それに似たようなことを体験したわけです。

どうしてこんなことになるのか?

彼らは、本当は分かっていないのに、分かったような振りをしているのでしょうか。

少しはそれもあるかもしれません。

時間をかけて丁寧に説明されて、さらにしつこく念を押されてしまったら、ここで分からないというのは恥ずかしいという感情が出てくるでしょうからね。

でも、もっと重要なことは、本人たちは分かった気になっているけど、実は分かっていないということだと思います。

受講者の立場で、受け身で説明を聞いていると、いっていることは理解できるのです。

いっていること自体はそれほど難しくないので、聞いている側としては、「なるほどそうか」と納得しています。自分でも、きちんと理解できたような気がしているのです。でも、立場が変わって、それを自分がやるとなると、実は、自分が分かっていないことに気付く。

そういうことはよくあることです。

ちょっと、油断してしまったなと思います。[E:sad]

聞いている態度、感触だけで、相手が理解しているかどうかを判断するのは危険です。

自分の言葉で言わせてみるとか、実際にやらせてみるとか、その人自身が行為の主体者になるようにしてみないと、本当に理解したかどうかは分からないんだなぁと、改めて思いました。

実際、これが分かったのも、アウトプットを見たからです。。。[E:coldsweats01]

基本を忘れてはいけませんね。

反省です。。。[E:despair]

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)