年功序列、終身雇用を望むのなら、それなりの覚悟が必要だ

今年の新入社員は、年功序列で定年まで働くことを望んでいるようです。

メディアは、これを「安定」志向の表れといっています。

確かに、成果主義で社員同士が競い合うとか、キャリア・アップを目指して転職するよりは、安定している感じがします。

でも、今の新入社員が年功序列や終身雇用を望むのは、安定志向というより、「楽をしたい」「あまり働きたくない」という表れではないかと思います。

仕事一筋でがんばるよりは、ほどほどに働いて、今の会社で定年まで勤めたい。年功序列で処遇されるのなら、若いときはともかく、年をとってくればいい思いができる。

そんなことを考えているのでしょうか。。。

でも、もしそうだとしたら、それは大きな間違いだといわざるを得ません。

そもそも、なぜ、最近は年功序列ではなく成果主義なのか。なぜ、転職が当たり前になってきたのか。それは、成果主義がいいからそちらが中心になったわけでもないし、転職が当たり前になったのも、それがいいからではなく、終身雇用が崩れたからこうなったのです。

逆のいい方をすれば、なぜ、年功序列や終身雇用が成り立っていたのか。

これをきちんと認識しておかないと、安易に年功序列がいいとか、終身雇用がいいとかはいえないはずです。(もっとも、新入社員にそこまで求めるのも酷かもしれませんが)

いうまでもなく、年功序列や終身雇用が成り立っていたのは、経済全体が急成長していた時代だからです。それにあわせて企業も成長していました。企業が成長していますから、新しいポストもどんどんできました。

でも、今は、営業課長1人に対して、課長代理が5人、主任が3人、平社員は1人など、バランスが崩れています。年功序列なんて、やりようがないんです。

もう一ついえば、年功序列で終身雇用のときのサラリーマンは、楽だったのか。

「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ~」

こんなのもありましたが、一方で、「企業戦士」ともいわれていました。家庭も顧みず、会社のために尽くすような一面もあったのです。

前述のような社会状況と、身分は安定していたかもしれませんが、必死で働く「戦士」のおかげで今の日本があるのです。

年功序列、終身雇用を望む皆さま。

企業戦士になる覚悟はありますか?

年功序列が成り立つように、企業を成長させる覚悟はありますか?

ちょっと厳しい文章になりましたが、いずれにしても、一生懸命がんばらなきゃダメだということだと思います。

会社に残るのにも覚悟がいるし、転職するにも覚悟がいる。

評価基準がどうなろうが、一生懸命、真剣に仕事する覚悟がいる。

どっちにしても、社会は甘くないってことですかねぇ。

偉そうなことをいえる立場でもありませんが。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)