規律をつくることと、自主性を育むこと

会社の中には、規律がなければなりません。たとえどんなに自由な会社であったとしも、すべてが自由ということはなく、それはそれで必ず規律があります。

規律がないと、組織は成り立ちません。

また、元気な会社、活気のある会社には、社員一人ひとりの自主性があります。上司からいわれたことだけを、いわれたとおりやるのではなく、自分から進んで、創意工夫をしながら取り組んでいく姿があります。

経営者は、当然、規律と自主性の両立を願います。

ところが。。。

規律と自主性の両立はなかなか難しいことです。

規律を徹底させようとすると、自主性がなくなります。

なぜなら、規律を徹底するために、指示・命令が強くなるからです。当然、社員たちはそれに従うことを優先するので、自主性が失われていきます。

じゃあ、自主性を出させようとして、いろいろと任せようとすると、今度は各自がバラバラに勝手なことをやり始めて、何だかしまりのない、規律のない組織になってしまいます。

でも、規律をしっかりしようとすると自主性が失われるので、その辺のさじ加減が難しいのです。

で、結局、これを両立させるためには、理念とかビジョンが大切なんです。

「最高の商品・サービスを提供する会社になる」

とか、

「質の高い商品やサービスで、お客様の快適な生活に貢献する」

とか、

漠然としてはいるけれども、これは譲れないというものを明確にして、あとは、社員自身に判断させるようにしていけばいいのです。もっとも、最初は社員自身で判断できないと思いますが、ねばり強く、根気よく考えさせるということです。

たとえば、いい加減な仕事をしている社員がいた場合。

「そんな、いい加減な仕事をしているんじゃない!」

と、叱ってしまうと、結局自主性が出なくなります。自分で判断もしなくなります。

そこで、

「そういう仕事の仕方で、最高の商品を提供していることになるの?」

とか、

「それで、お客様の快適な生活に貢献できているの?」

と、聞く。

普通は、Noという回答になるはずなので、そうしたら、

「じゃあ、どうすればいい?」

と、考えさせる。

すぐにはいい答えが出ないと思いますが、しつこく、ねばり強く、根気よくやり続けていれば、そのうち分かるようになります。

でも、ただ叱るだけの場合は、いくらしつこくやり続けていても、理解できるようになるとは限りません。

それと重要なのは、「これはダメ」「あれはダメ」という叱り方よりも、「こうするべき」という理想の姿に目を向けることです。

で、理想の姿にするためにはどうしたらいいかは、自分で考えさせる。

そうすれば、きちんと守るべきことを徹底できて、自主性も育むことが可能です。

でも、簡単にはできませんけどね。

とにかく、しつこく、ねばり強く、根気よくやり続けることが重要だと思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)